2018年06月13日

Fire & Rain (Big Pink Music)



アリゾナ州ツーソンから登場した夫婦デュオの73年作で、プロデュースはベンチャーズの諸作で知られるジョー・セラシノ。HOT100にぎりぎりランクインしたバーバラ・ルイス「Hello Stranger」のカバーはプレAOR的なグルーヴ感がなかなかの聴きものだが、他の収録曲の1973年とは思えないカバー選曲のセンスやサウンド感 〜情報から遮断されたツーソンに暮らしていたら、ヒッピーの時代がとっくに終わっていたことに気づかなかったような(笑)〜 がじわじわくる。1967〜68年頃のアルバムと比べて聴くとしっくりくる感じ。


Someday to Love
Carry Me Down
Take Me for A Little While
Chandelier
Music in The Air
Let's Get Rollin'
Touch Me
Hello Stranger ('73 POP#100)
Alright Tonight
That's Where It's At
Home to You



posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。