2018年06月07日

Outlaws & Armadillos: Country's Roaring '70s (Country Music Hall of Fame and Museum/Lagacy)



ナッシュビルにあるカントリーミュージックの殿堂博物館は、エルヴィスの有名な金色のキャデラックや、往年の大物アーティストのド派手なステージ衣装などがゴテゴテと飾られている・・・というのが20数年前にそこを訪れた時の僕の印象だが、近年はカントリーミュージックの歴史や音楽遺産(レガシー!)を現世に知らしめる啓蒙活動のための企画展示を熱心に開催しているようで、数年前には60年代後半のボブ・ディランとジョニー・キャッシュの交流をきっかけにナッシュビルのミュージシャンの存在がジャンルを超えて注目を集めたことを紹介する特集が組まれ、それに連動した『Dylan, Cash and The Nashville Cats』なんてコンピレーションもリリースされている。

今回同博物館が企画したのは「アウトロー・カントリー特集」。ナッシュビル産のカントリーミュージックが市場を独占していた60年代から、テキサスやカリフォルニアから起こった新しいムーブメントが徐々に影響力を増していく70年代への移り変わりを紹介したもので、それに合わせて企画された本CDにはムーブメントの象徴的存在であるウェイロン・ジェニングスとウィリー・ネルソンの作品の他、フォークやロックの世界から参入した門外漢や、ナッシュビルからドロップアウトし新天地で革新的な作品を発表したアーティストなど、様々に個性的な作品が数多く収められている。思ったよりヒット曲の収録が少なくマニアックな内容になっているのでこれ一つでムーブメントの概要がわかる訳ではないと思うが、今後この選曲意図を探求していけば70年代、さらには80年代のカントリー界の変遷を把握することが出るのでは、と思っている。



Are You Sure Hank Done It This Way - Waylon Jennings ('75 C&W#1/POP#60)
Why You Been Gone So Long - Jessi Colter
Me and Paul - Willie Nelson ('71 C&W#62)
Back in The Goodle Days - John Hartford
Desperados Waiting for The Train - Guy Clark
Rex's Blues (Live) - Townes Van Zandt
No Place to Fall - Steve Young
I Ain't Lookin' for The Answers Anymore - Tompall Glaser
Marie Laveau - Bobby Bare ('74 C&W#1)
Rode Hard & Put Up Wet - Marshall Chapman
London Homesick Blues (Live) - Gary P. Nunn
Groover's Paradise - Doug Sahm
I Had My Hopes Up High - Joe Ely
Joe, Don't Let Your Music Kill You - Tom T. Hall
Old Five and Dimers Like Me - Billy Joe Shaver
Honky Tonk Heroes - Waylon Jennings
You Asked Me To - Cowboy Jack Clement
Allegheny - Chris Gantry




Amarillo Highway - Terry Allen
Gettin' By (Live) - Jerry Jeff Walker
Too Much Fun (Live) - Commander Cody & His Lost Planet Airmen
Don't Ask Me Why - Asleep At The Wheel
Dallas - The Flatlanders
Cosmic Cowboy, Pt. 1 - Michael Murphy
Sold American - Kinky Friedman ('73 C&W#69)
Leaving Louisiana in The Broad Daylight - Marcia Ball
I Still Sing The Old Songs - David Allan Coe
The Pilgirm, Chapter 33 - Kris Kristofferson
No Expectations - Johnny Cash
Red Headed Stranger - Willie Nelson
Satin Sheets - Willis Alan Ramsey
Easy From Now On - Emmylou Harris ('78 C&W#12)
San Francisco Mabel Joy (Live) - Mickey Newbury
11 Months and 29 Days - Johnny Paycheck ('76 C&W#34)
You Can Have My Husband - Lou Ann Barton
I Ain't Livin' Long Like This - Rodney Crowell





posted by yakame at 03:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。