2018年06月07日

Suite Steel: The Pedal Steel Guitar Album (Wounded Bird)



カントリー界のスチールギターの名手、バディ・エモンズ、ジェイ・ディー・マネス、レッド・ローズ、スニーキー・ピートとラスティ・ヤングの5人が一堂に会し、当時のロックヒットを演奏したインスト・アルバム(1970年リリース)。カントリーロックの隠れた名盤といっていい内容だと思うが、意外にも今回が初のCD化だという。

個人的な話で恐縮だが、本作は僕が小さい頃、カントリー好きだった父がスチールギターの練習のため家で何度も繰り返して聴いていたアルバムであることに購入してから気がついた。「Wichita Lineman」も「Something」も僕はこのアルバムで初めて知ったので、グレン・キャンベルやビートルズ版を聴いたときに「あ、あの曲だっ!」と思ったことを今も覚えている。40数年ぶりに、思いがけないアルバムと再会してしまった。。。



Down On The Corner - Buddy Emmons
Blackbird - Sneaky Pete
Everybody's Talkin' - Rusty Young
Wichita Lineman - Buddy Emmons
Muddy Mississippi Line - J.D. Maness
Something - Red Rhodes
Sunshine of Your Love - Sneaky Pete, Rusty Young
Yesterday - Buddy Emmons, Sneaky Pete
Suite Steel: Turn Any Corner/L'Hiver Sur La Plage/Prodigal - Buddy Emmons, Rusty Young



posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。