2018年06月04日

Purveyor of Balladry: The Best of Nino Tempo On Atlantic (Omnivore Recordings)



アトランティック・レコードの創始者の一人ネスヒ・アーティガンが1989年に亡くなった際、彼の長年の愛弟子であるニノ・テンポは追悼曲として「Darn That Dream」を葬儀で披露した。その演奏が評判となり彼は60年代に数多くのヒットを飛ばした同社と再契約、90年代に2枚のインスト・アルバムをリリースしている。

本CDは『Tenor Saxophone('90)』と『Nino('93)』の2枚からピックアップされた作品に件の葬儀におけるライブ録音が追加されたベスト盤。この時期の彼はいわゆるコンテンポラリー・ジャズのアーティストであり、かつてのポップ路線は期待すべくもないが、時折登場する実姉エイプリル・スティーブンスやロバータ・フラックの歌声にハッとさせられる瞬間がある。



Darn That Dream (Live)
This Masquerade (Instrumental-Only Version)
Anyone Who Had A Heart
Amazon River (featuring April Stevens)
Brazil
You Are So Beautiful (featuring Roberta Flack)
Bahia Manhattan
Call It Love
A Theme for Anna
Round Midnight
Stella by Starlight
Suzanne (You Can)
Goodbye



posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。