2018年06月01日

Guys Go Pop! Vol.3 1963-1965 (Teensville)



ティーンズヴィルの男性オールディーズ傑作選第3集。サーフロックやイギリス勢の襲来、そしてスタジオシーンの活性化などによりポップスのサウンドに劇的な変化が起こった1963年〜65年の録音から選曲されており、有名無名、またはこれから有名になるアーティストの知られざる佳曲が執念深く探し出されている。それまでのオールディーズ然としたものから、やがてやってくるソフトロック的なアプローチへと移行する過渡期的なサウンドがたっぷり31曲楽しめる。


Who Needs You - Bobby Paris
I Said Hello to Shirley - Lee Brackett
Love's Funny - Tommy Sands
I Wish That Little Girl Was Mine - Buddy Wayne
Forbidden - Bob Moline
All's Fair in Love and War - Chuck Rondell
Without You (And Your Love) - Hilton James
(A Girl Needs) to Love and Be Loved - Mark Thatcher
Walkin' My Baby - Allen Wayne
Pride - Brent Edwards
What's The Matter with Marilyn - Vinnie Monte
My Baby The Cheat - Lee Brackett
Be My Girl - The Royal Lancers
I Just Stand Here - Robert Loye Jr
Little Rosita - Tommy Sands
Someone Else - Russ Damon
Everybody's Baby - Kenny Rossi
The Other Side of Betty - Mickey Denton
(Walkin' In) Freddy's Footsteps - Jeff Condon
Another Lori - The James Boys
One Good Turn Deserves Another - Don Grady
Don't Go Away Mad - Bobby Vinton
Prima Donna - Glen Campbell
Little Sister - Jay
Feel So Lucky - Mark Thatcher
I Made An Angel Cry - Hilton James
Steadies - Lee Brackett
There Is So Much - Bob Moline
Speak for Yourself, John - Chuck Rondell
I'd Fight for My Baby - Buddy Wayne
The Statue - Tommy Sands
Run to Me, Baby - Pat Boone
Love Dances On - Joey Paige






posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。