2018年05月22日

Dock of The Bay Sessions - Otis Redding (Volt/Rhino)



オーティス・レディングの「ドック・オヴ・ベイ(当時表記ママ)」が全米チャートのトップに立ったのは今から50年前の1968年のこと。彼はこの前年の12月に飛行機事故で26歳の若さでこの世を去っている。26歳、若すぎる・・。現在の日本の芸能界で26歳(1992年生まれ)というとどこら辺になるのか検索してみたところ、白石麻衣、指原莉乃、本田翼といった名前が出てきた。彼女たちの年頃には、オーティスはすでに亡くなっていたのだよ。。。

彼の死を受けてアトランティック・レコードは追悼盤として飛行機事故の直前に録音された掲題曲をシングルカットし、それが彼にとって最大のヒットになったのは前述のとおり。次いでこの曲をフィーチャーした同名アルバムもリリースされ、アルバムチャートで最高4位を記録する好セールスをあげたが、その内容はそれまでアルバムに収録されていなかったシングル楽曲を寄せ集めたようなもので(それはそれで後期の彼のベスト的内容で悪くはないのだが)、これが最後のオリジナルアルバムとなると、オーティス様も浮かばれない。

なんてことをライノ・レコードの誰かが考えたのか、50周年の今年に1967年11月〜12月にかけて行われた彼にとって最後のレコーディング・セッションの音源を集めたアルバムがリリースされた。「ドック〜」は別とすると、最大の聴きどころは彼のキャリアを代表する絶唱といえる「I've Got Dreams to Remember」になると思うが、他にも「Fa-Fa-Fa-Fa-Fa (Sad Song)」のアンサーソング的「The Happy Song (Dum-Dum)」が録音されたのがこんな時期になってからだったんだな、など、時系列的に混乱しがちな彼のキャリアの最終期を整理して聴くことができる。ただ、どの収録曲も彼の死後にシングルやアルバムの一部としてリリースされたものばかりなので、既に音源を持っているファンは、それを自分で組み替えるだけでいいんぢゃないか?とも思う。。。。



(Sittin' On) The Dock of The Bay ('68 R&B#1/POP#1)
Think About It
Hard to Handle ('68 R&B#38/POP#51)
The Happy Song (Dum-Dum) ('68 R&B#10/POP#25)
Love Man ('69 R&B#17/POP#72)
Direct Me
I've Got Dreams to Remember ('68 R&B#6/POP#41)
Champagne and Wine
Pounds and Hundreds (LBS + 100S)
I'm A Changed Man
Gone Again
Amen ('68 R&B#15/POP#36)



posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。