2018年05月22日

Masekela '66 - '76 - Hugh Masekela (Chisa/Wrasse)



1968年は南アフリカ出身のジャズトランぺッター、ヒュー・マセケラのインスト曲「Grazing in The Grass(草原の太陽)」が全米ナンバー1ヒットを記録した年でもあった。今年の1月に83歳で亡くなった彼の追悼盤として、彼が1966年から76年の間にリリースした11枚のアルバムから代表曲(うち重要作の『Masekela introducing Hedzoleh Soundz('73)』と『I Am Not Afraid(74年)』は全曲収録)をCD3枚分のボリュームでまとめたコンピレーションがリリースされた。

「Grazing in The Grass」は非常にグッドタイミーな雰囲気のナンバーだが、これは彼の作風のほんの一部でしかなく(と、僕は今回初めて知った)このボックスに彼が放った他のイージーリスニング風ヒットの収録はなし。常に故郷アフリカを想い“ワールドミュージック”という言葉が生まれるずっと前からワールドミュージック的なアプローチを長年続け、ジャズファンク的な作品も数多い彼の“魂の軌跡”を丁寧にたどることができる。


from The Emancipation of Hugh Masekela ('66)

A Felicade
Why Are You Blowing My Mind
She Doesn't Write
Do Me So La So So
Ha Lese Le Di Khana
What Is Wrong with Groovin?
Child of The Earth



from Hugh Masekela Is Alive and Well at The Whiskey ('68 US#90)
Son of Ice Bag
Coincidence



from The Promise of A Future ('68 US#17)
Grazing in The Grass ('68 POP#1)
Bajabula Bonke
Vuca
There Are Seeds to Sow



from Masekela ('69 US#195)
Mace and Grenades
Boermusiek
Gold
Blues for Hughie
Gafsa
If Theres Anybody Out There



from Reconstruction ('70)
You Keep Me Hangin On
Woza
Salele Mane



from Hugh Masekela and The Union of South Africa ('71)
Mamani
Caution
Hush



from Home Is Where The Music Is ('72)
Minawa



Masekela introducing Hedzoleh Soundz (full album '73)
Languta
Kaa Ye Oya
Adade
Yei Baa Gbe Wolo
Patience
When
Nye Tamo Ame
Rekpete.



I Am Not Afraid (full Album '74 US#149)
Stimela (Coal Train)
Night in Tunisia
In The Market Place
Jungle Jim
African Secret Society
Nina
Been Such A Long Time Gone



from The Boy's Doin' It ('75 US#149)
Ashiko
Mama
The Boy's Doin' It



from Colonial Man ('76)
A Song for Brazil
Colonial Man
Whitch Doctor



posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。