2016年07月22日

Best of Pied Piper Days (Sony Music Labels Inc.)



1970年代から80年代にかけて青山の骨董通りに存在した輸入レコード店「パイド・パイパー・ハウス」が、昨年横浜赤レンガ倉庫で開催された音楽イベント「70's Vibration Yokohama」に続き、今年はタワーレコード渋谷店で期間限定で復活している(らしい。僕はまだ行ってないけど)。それを記念して同店の店長長門芳郎氏による回想録『Pied Piper Days』と、同店を発信地として日本の音楽ファンに紹介された名曲の数々を集めた同名のCDがリリースされた。

僕が生まれて初めて輸入レコードを買ったのは実はこの「パイド・パイパー・ハウス」で、当時高校生だった僕はレコード・コレクターズ誌に掲載されていた同店の広告や、定期的に送られてくる通販リスト「Joyous Noise」の情報を頼りに、年に何度か訪店することをイベントとしていた。今回のCDに収録されている曲のどれかを実際に僕がお店で買うことはなかったが(ずいぶん後の世代だったので・・)ここで音楽的洗礼を受け、やがて90年代に“渋谷系”などの音楽紹介者となった人々を通じて僕の耳に届いた作品ばかり。レコード店に通うという行為をしなくなって久しいが、足で稼いだ情報をもとに音楽を探求していった時代の懐かしい記憶が甦るコンピレーションである。


Don't Ask Me Why - Alzo
Union City Blues - Trade Martin
Small Town Bring Down - The Tradewinds
Your Show Is Over - The Innocence
Suddenly I See - Salt Water Taffy
Fickle Finger of Fate - Bernard "Pretty" Purdy
Black Patch - Laura Nyro
Lucky Day - The Rascals
Where Were You When I Needed - Al Kooper
Without Her - Blood, Sweat & Tears
There'll Be No Other Love - Kenny Rankin
The Heart of Juliet Jones - Garry Bonner
Jennifer - Barry Mann
Da Doo Rendezvous - Valerie Carter
Feelin' Blue - Earth Wind & Fire
Sun Goddess - Ramsey Lewis
Someday We'll Get By - Azteca



posted by yakame at 03:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもCD購入の参考にさせていただいています。
パイドパイパーハウス懐かしいですね。渋谷の芽瑠璃堂とか輸入盤のレコードの匂いを思い出します。あの頃レコードコレクターズってありましたっけ。私はミュージックマガジンの公告を舐めるように見てました。
Posted by aij at 2016年08月01日 08:05
コメント有り難うございます。
輸入レコードの独特な臭いに懐かしさや興奮を覚えるのは、もはやある年齢以上の方に限られてしまうんでしょうね。レコード・コレクターズ誌は、私は1986年のサーフィン/ホットロッド特集から買い続けているので、パイド・パイパー・ハウスがまだある時代に存在したことは間違いありません。
なお本文で紹介した長門さんの回顧録には、同店が雑誌に掲載した広告すべてが再録されているので、一読をおすすめします。懐かしい気分になれると思いますよ!
Posted by yakame at 2016年08月01日 15:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック