2020年07月10日

Ready or Not: Thom Bell's Philly Soul Arrangements & Productions 1965-1978 (Kent Soul)



ケニー・ギャンブル&レオン・ハフと並ぶフィリー・ソウルの生みの親、トム・ベルが手がけた作品を集めたコンピレーション。1960年代半ばの“アーリー・フィリー”の時代から、70年代半ばのフィリー・ソウル全盛期まで。彼が生み出したサウンドは地元出身のアーティストばかりでなくジャンルや国籍をも超えた“フィリー詣で”と呼ばれる現象を引き起こすほどに様々なアーティストたちに取り上げられた。彼の代表的なヒットからレアな楽曲までを網羅するとなれば、とてもこのボリュームでは足りない!是非ともシリーズ化、もしくはボックスセットの企画をお願いしたいところ。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Rarities 1973-1980 - Brenda & The Tabulations (MMM)



1960年代後半から70年代前半にかけて数多くのヒットを放った“アーリー・フィリー”の名グループ、ブレンダ&ザ・タビュレーションズが70年代半ば以降にリリースした録音を集めたアンソロジー。初期の繊細なサウンドは徐々に失われ、CD後半はディスコサウンド然とした作品が並ぶが、冒頭収録のエピック時代のシングル音源8曲は全盛期の彼女たちの名残を残しており、なかなかの聴きものとなっている。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Soul of The Memphis Boys (Ace)



プロデューサーのチップス・モーマンがメンフィスに設立した「アメリカン・スタジオ」に集ったスタジオ・ミュージシャンたちが生み出した楽曲を集めたコンピレーション。60年代後半の一時期、彼らが生み出したサウンドは一世を風靡し、エルヴィス・プレスリーの復活に一役買ったり、ダスティ・スプリングフィールドがアルバム『Dusty in Memphis』を制作するなど、こちらでも“メンフィス詣で”と呼んで差し支えない現象が起こっている。本CDは約8年前にリリースされたコンピ『The Memphis Boys』の続編で、ヒットした、しないにかかわらず特にソウルフルな録音を集めた印象。さらなる続編はこんなに間を置かず、すぐにでもリリースしてもらえることを願いたい。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする