2020年02月01日

I Feel A Song Coming On: The Songs of Jimmy McHugh (Retrospective)



1920年代から長きにわたってブロードウェイの様々なショーに500曲以上の楽曲を提供した作曲家、ジミー・マクヒューの作品集。コミカルなナンバーからムーディなバラードまで、現在もなおカバーが繰り返される名曲が数多く収録されている。

余談になるがナット・キング・コール1951年の大ヒット「Too Young」と、56年にヒットを記録した「Too Young to Go Steady(本CD収録)」が全くの別曲であることを、この時代の音楽に興味を持つようになって約30年にして、このCDで初めて知った・・。再録音なのかなぁ、くらいに思っていた私が浅はかでした。。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lullaby of Broadway (& Hollywood!): Songs of Harry Warren (Retrospective)



こちらも1920年代から50年代まで、ブロードウェイのショーや、その後はハリウッド映画に数多くの作品を提供したハリー・ウォーレンの作品集。ジャズ史上屈指のスタンダード「Lullaby of Broadway」や1957年の映画『めぐり逢い』主題歌など誰もが知る超有名曲の他、1940年前後10年間のいわゆる“ビッグ・バンド・エラ”を象徴する大ヒットを数多く手がけていたことがわかる。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

I'll Sing You A Thousand Love Songs: His 53 Finest 1933 - 1958 - Denny Dennis (Retrospective)



イギリスのダンスバンド全盛期に活躍したシンガー、デニー・デニスが様々な楽団で残した録音を集大成した力作コンピレーション。まだ公式のUKチャートが存在しない時期だったので当時どれだけ社会に浸透した録音なのかは不明だが、ソフトながら非常に男性的なボーカルは、ダンスバンドの単なる添え物を越える存在感を誇示している。

幾つかのバンドの看板シンガーを務めた後彼は様々な楽団やメディアのためにピンポイントでボーカルを務めるようになり、中にはトミー・ドーシー楽団に客演し全米チャートにランクインした作品(残念ながら本CDには未収録)や、ヒット曲のカバーを専門にリリースするレーベルへの吹込みなども。当時の音楽業界の様々な様子を知ることができる内容になっている。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする