2019年11月19日

Andy Warhol and Music (Jade)



今年の秋から世界中を巡回するというアンディ・ウォーホルの回顧展(日本では2020年の秋に京都で開催されるらしい)に合わせて企画された、彼に関連した音楽のコンピレーション。1枚目のCDは「Friends of The Factory」と称し、彼の全面的なバックアップでデビューを果たしたヴェルヴェット・アンダーグラウンドに始まり、ジッパー付きの有名なアルバムジャケットを提供したローリングストーンズ、ビデオクリップ制作に携わったカーズなど彼と関わりの深いアーティストの作品集。続く2枚目のタイトルは「The Playlist of The Factory」で、彼の作業場である「The Factory」で(多分)大音量で流されていた音楽を集めたもの。サイケなロックから古典的なR&R、クラシック作品まで、彼のインスピレーションの元となった音楽がふんだんに詰め込まれている。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The World of Keith Haring (Soul Jazz)



こちらは1980年代に一世を風靡しながら、90年にエイズで31歳の若さで亡くなったイラストレーター、キース・へリングをテーマにしたコンピレーション。内容は彼が駆け抜けた80年代のニューヨークで生まれたダンスミュージック集で、彼と実際に交流のあったアーティストの作品や、NYダンスシーンで盛んにプレイされていたいわゆるゲイ・ディスコ、もしくは初期エレクトロニカとでもいうべき若干ノベルティ色の強い楽曲が並んでいる。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする