2019年11月13日

Heisei Free Soul (USM Japan)



“フリーソウル”は一般に1990年代に再評価された60年代後半〜70年代前半のソフトなポップやR&Bを指すことが多いが、このコンピレーションは、平成時代の31年間に生まれた“新曲”をフリーソウル的観点で選曲したもの。90年代は(2000年代も)全世界的にクラシックなR&Bサウンドが見直された時代だったので、こういった趣旨の選曲でも違和感なく聴けるが、ただ各年一曲ずつの選曲縛りがあるので「これもフリーソウルなの??」という曲が含まれてしまうのは致し方ないところ。

CDのライナーにはここに収録されている31曲を選ぶために作られた全100曲の“平成名曲選”のリストが掲載されており、それがいずれ続編のコンピになってくれることも願いたいし、またニュー・クラシック・ソウル、G-Funkなど平成年間に生まれたジャンル別に選曲されたフリーソウル・コンピなんてのも、是非作ってほしい。


Track List

posted by yakame at 03:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Free Soul T.K. (Solid/UltraVybe)



マイアミのレコード・レーベル「T.K.」傘下の音源を“フリーソウル”の観点でCD2枚全46曲のボリュームで編纂したコンピレーション。TKとフリーソウルの親和性は異常に高いので、内容はほぼ“ベスト・オブT.K.”といっていいもの。90年代当時実際にクラブでヘビーローテーションだった曲あり、近年になって再発見された曲あり。マイアミ・ソウルの入門編と、知られざる名曲選双方の側面を持つ秀逸な内容。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Message from T.K.: It's A Miami Modern Soul World (Solid/UltraVybe)



こちらはDJリュウヘイ・ザ・マンの選曲と一部の曲エディットによるT.K.傑作選。『Free Soul 〜』と比較するとディープかつファンキーなナンバーが多い印象で、マイアミもアメリカ南部の一部であることを再認識させられる。わかりやすくキャッチーな曲は少ないが、ダンスフロアでジワジワとくる良曲が多数収録されている。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Salsoul Disco 1975-1979 compiled by T-Groove (Salsoul/Octave Lab,/UltraVybe)



フィラデルフィアのダンスレーベル、サルソウルのコンピレーションはこれまでそれこそ何十種類もリリースされており、僕もその中の何種類かを既に入手しているが、今回日本編集でリリースされたこちらは、同社がリリースしたシングル盤音源を、リリース順に、7インチバージョンにこだわって選曲している点が珍しい。ダンスミュージックの世界はロング・バージョンが重宝されがちだが、そこであえての7インチ集。CDのジャケットには「Vol.1」と銘打ってあるので恐らく続編もあるはずで、数多くのダンスヒットを生んだ同レーベルの歴史を、詳細にたどることができるシリーズとして、今後のリリースを楽しみに待ちたい。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする