2019年10月01日

Abbey Road [2CD Anniversary Edition] - The Beatles (Apple/Universal)



ここ数年、年一枚のペースでリリースされていたビートルズのオリジナルアルバム50周年記念盤もいよいよ大詰め(『Let It Be』を再び丸裸にするなら話は別だが・・)、1969年発表の『Abbey Road』が登場。彼らの最高傑作といわれる同作の2019年版リミックスと、アルバム収録曲のリハーサル・テイク等を集めたディスクの2枚組バージョンを入手したが、数年ごとに行われるリマスターやリミックスは、果たして改善なのか改悪なのか、作品の新解釈なのか歴史の改ざんなのか、聴くたびに判断に迷う。。

別テイクが収められた2枚目の方は、アルバム未収録曲なども聴けたら制作の裏側が覗えてより良かったと思うが、そちらは1万円以上する“スーパー・デラックス・エディション”を入手しないと聴けないらしい・・・。ビートルズの諸作が一段落したところで、今後様々なアーティストの歴史的名盤とされるアルバムが次々と50周年を迎えることになるので、これから数年間、いったい自分は何枚の“アニバーサリー・エディション”を購入することになるのか、今から少々不安ではある。。。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Satanic Mjesties Sessions - The Rolling Stones (Eternal Grooves)



こちらは昨年50周年記念盤がリリースされていた(ただのリミックス盤だったので僕は購入を見送った)ローリングストーンズの1968年作『Their Satanic Majesties Request』期のアウトテイク集。ボーカルが入る前のベーシック・トラックを集めたもので、彼らが最も冒険的な(行き当たりばったりな??)サウンドに挑戦した問題作の制作の裏側を垣間見ることができる内容となっている。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする