2019年09月28日

Spoofing The Big Ones! - Ben Colder as played by Sheb Wooley (Jasmine)



1958年に「The Purple People Eater(ロックを踊る宇宙人)」で全米ナンバー1を記録したシェブ・ウーリーは、基本的にこの曲のみの一発屋として音楽ファンには記憶されているが、実はカントリーの世界でもう一つの顔を持ち、そこでも大きな成功を収めている。彼が得意としたのは、その時のカントリーヒットをパロディした「No.2もの」で、音楽業界の仲間たちからのクレームを恐れてか“ベン・コルダー”の変名でリリースした「Don't Go Near The Eskimos(オリジナルは“Indians”)」がヒットを記録したことをきっかけにパロディ・ソングを量産。1962年にリリースしたアルバムがこの『Spoofing The Big Ones!』。本CDはこのアルバムにパロディの餌食となったオリジナル・バージョンをカップリングしたデラックス・エディションで、更に加えて同時期のシェブ・ウーリー/ベン・コルダー名義の録音も追加(カントリーナンバー1を獲得した「That's My Pa」が収録されていないのは残念)。シェブ・ウーリーの多才な活躍ぶりを楽しめる。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Complete Recordings 1961-1963 - Marty Robbins (Enlightement)



1950年代から57歳の若さで亡くなる82年までヒットを生み続けたカントリーシンガー、マーティ・ロビンスが1961年〜63年に録音したすべての作品を収めた4枚組。ヒットチャートを庭わせたシングル曲は勿論、彼の比較的癖のないボーカルスタイル(と所属したコロンビア・レコードの社風)からか、アルバムの内容はウェスタンからスタンダードナンバー、ハワイアンやカリプソまで多岐に及び、彼の意外な魅力を楽しめる。


続きを読む

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Drifter/Saddle Tramp/What God Has Done/Christmas with Marty Robbins (Morello)



こちらはマーティ・ロビンスが1966年〜67年にリリースした4枚のアルバムを集めたコンピレーション。彼が得意とする通称“ガンファイター・バラッズ”もの2作(うち『Saddle Tramp』は当時レコード会社の通販のみで発売されていたレア盤)に、ゴスペル、クリスマス・アルバムと、相変わらず多作な彼の活躍ぶりを現在に伝えている。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする