2019年06月07日

The Rolling Thunder Revue: The 1975 Live Recordings - Bob Dylan (Columbia/Legacy/SME)



ロックの歴史を後追いでたどっている者にとって、ディランが1975〜76年に仲間を引き連れて敢行したツアー「The Rolling Thunder Revue」と、そこから生まれた未完(?)の映画『レナルド&クララ』は、ディランが顔を白塗りにして舞台に登場するなど様々な試みが生まれながら、その記録がうやむやなまま放置されている“ロック史上の謎”の一つという印象が強いものだった。ライブ音源の一部は2002年に彼のブートレッグ・シリーズ『Bob Dylan Live 1975』でまとめられたりしてはいたのだが、今回ディランのドキュメンタリー映画『No Dorection Home』を監督したマーティン・スコセッシが当時残された膨大な映像と新たに撮影されたインタビュー(ディラン当人を含む)をまとめて『The Rolling Thunder Revue』のタイトルで映像作品化し、アメリカではNetflixで観ることができるのだという。

今回届いたのは映像のリリースに合わせて企画された前出『Bob Dylan Live 1975』の超拡大版で、14枚のCDにツアーのリハーサルと、ライブ5公演分のフル音源などが収録されたボックス。この時期のディランは全米ナンバー1を記録したアルバム『Blood On The Tracks』と『Desire』を立て続けに制作し、シングル「Hurricane」をTOP40に送り込んだ、彼にとって何度目かの創作のピーク期にあり、次々と湧いてくる奇抜なアイディアを、仲間たちを巻き込んで実現しようとしていた活動のドキュメンタリーがここに収められている。正直これをすべて聴き通す自信はないが、内容や背景を把握の上、いずれ日本で実現するであろう(希望!)映像作品の上映会に臨みたいと思っている。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Complete Elektra Recordings - Lonnie Mack (Wounded Bird)



1960年代に「Memphis」「Wham!」といったインストヒットを放ったことで知られるギタリスト、ロニー・マックがエレクトラ・レコードからリリースした4枚のアルバムを集めた2枚組CD。前述のヒットも当然収録されているが今回の主役は60年代末〜70年代初頭にリリースしたボーカル・アルバム3作の方で、それらでは堂々たるアーシーなロックを披露。以前再発された際に“カントリー・ロックの傑作”と評判になった諸作が、まとまめて聴ける形になったのが嬉しい。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

With Pen in Hand: The Definitive Hits Collection - Bobby Goldsboro (Hump Head)



ユニヴァーサル・グループ各社のカントリー系音源を扱うレーベル、Hump Headは時折とんでもないコンピレーションをリリースするので目が離せない。今回は60〜70年代のイージーリスニングの世界で大活躍した人気シンガー、ボビー・ゴールズボロがユナイテッド・アーティスツからビルボード・チャート(ポップ、AC、カントリー)に送り込んだすべてのヒット曲を2枚のCDに収録したベスト盤が到着。作品の口当たりの良さから音楽的評価は決して高くない彼だが、ヒットチャートファンであればなじみ深い楽曲が多数収録されていることがわかるはず。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする