2019年06月28日

Originals - Prince (NPG/Warner Bros.)



プリンスはその全盛期に物凄い勢いでオリジナル・アルバムを連発する一方、他のアーティストにも積極的に自作曲を提供していた。その多くは彼のプロデュースの下世に送り出された後輩アーティストたちだが、中にはバングルスやケニー・ロジャース(!)といった異色のコラボレーションも。このCDはプリンスが様々なアーティストに提供した楽曲の、彼自身によるデモ・バージョンを集めたコンピレーションで、彼が今も存命ならおそらく世に出ることはなかったと思われる貴重な録音集。彼の作品のストックの中から「これをあげるよ。」といった感じで提供された(多分)のものから、明らかに提供するアーティストにあて書きした様子が覗える(プリンスとしては異質な)作風のものまで、作家プリンスの幅広い音楽性が垣間見える内容となっている。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Step Back in Time: The Definitive Collection (BMG/Parlophone)



カイリー・ミノーグの来日公演を幕張まで観に行ったことがある(ネットで確認したら2011年のようだ)。彼女はその時すでに“ダンス・ディーヴァ”としての地位を確立、2001年に放ったヒット「Can't Get You Out of My Head」も“クラシック”と見なされており、彼女のショーの前に登場した何組ものDJが全員この曲をプレイリストに入れて敬意を表するような状態だったが、ライブで一番印象に残ったのは彼女が世界でその名を知られるきっかけとなった「I Should Be So Lucky」だった。これは別に青春時代の思い出的な意味でいっているのではなく、発表当初は他愛のないラブソングだったこの曲を、この時点で約20年のキャリアを誇る彼女が、恋人の自死だとか、乳がんの克服などを乗り越えて歌った結果、まるで人生や人間賛歌のようなニュアンスまで感じられる楽曲になっていたことに大きな感動を覚えたからだった。

そんな“カイリー姐さん”がデビュー30年を記念してリリースしたベスト盤がこちら。2枚組のCDのうち1枚目には2000年代のヒットを、2枚目は80〜90年代のヒットを収め、今なお現役バリバリな彼女のキャリアを総括した内容となっている。それにしてもヒット曲の多さ(勿論これがすべてではない)!多少の浮き沈みはあるものの、30年間一貫してヒットチャートに登場し続けた彼女の活躍に、改めて敬意を表したい。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cat (+3) - Cat Miller (Solar/Octave Lab.)



ウルトラ・ヴァイヴが地道に推し進めているソーラー・レコードの再発シリーズ。メジャーなグループのアルバムは今さら買っても・・・という感じなので、これまで名前も聞いたことがなかったキャット・ミラーの86年作を購入。

CDの解説を読むとキャット・ミラーは1970年代より様々なディスコ・プレジェクトやレコーディング・セッションを渡り歩いてきた女性シンガーのようで、本作が彼女にとって唯一のソロアルバム。一番の注目点はインディのソーラーからメジャー・レーベルへキャリアアップ目前のベビーフェイスが全面的に制作に関わっている点で、この時期隆盛のデジタル・ファンク調の作品から、メロウな楽曲までがアルバムに散りばめられている。アルバム全体を聴いてわかるのは彼女が“デニース・ウィリアムス・フォロワー”としてシーンに送り出された点で、歌声だけでなく楽曲までがウィリアムス調。これでは音楽シーンに埋没してしまったのも仕方のないこととと思えるが、デニース・ウィリアムスのファンであれば、かなり優秀な傍流作品として楽しむことができるのではないかと思う。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

I'm Your Puppet: The Complete Bell Recordings 1966-1969 - James & Bobby Purify (SoulMusic)



1960年代後半に短期間ながら数多くのヒットを放った従兄弟デュオ、ジェームス&ボビー・ピュリファイがベル・レコードに残したすべての録音を集めたコンピレーション。シングル曲はポップなナンバーが多いが、アルバム収録のカバー曲を聴けば彼らがサム&デイブに劣らぬ実力派シャウターであることがわかる。これらの録音を残し、60年代末に彼らは早々に袂を分かってしまうが、1970年代半ばにジェームスは新メンバーを“二代目ボビー”として迎え、ノーザン・ソウルシーンで再び注目を集めることとなる。


Track List
posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

The Albums 1970-73 - The New Seekers (Caroline)



昨年ニュー・シーカーズの活動後期のアルバムが2イン1のスタイルで再発され、それ以前のアルバムもCD化されるのか?と待っていたら、こんな形でひとまとめにボックス化された。彼らが1970年〜73年にリリースした8枚のアルバムとシングル音源などを5枚のCDに詰め込んだもので、英米ばかりでなく世界中で人気を博したバブルガム風味のポップ・フォークを、うんざりするほど(笑)聴くことができる。


Track List
posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Strangers in The Room: A Journey Through The British Folk Rock Scene 1967-1973 (Grape Fruit)



昨年リリースされた1960年代中期イギリスのフォーク・ポップ集『Gathered from Coincidence』の続編的ボックスセット。1960年代後半〜70年代前半にかけて録音されたイギリスのフォークロックをCD3枚のボリュームで集めたものだが、アメリカのフォークロックはその後多くのバンドがカントリーロックへと発展していくが、イギリスの場合はその行き先がイギリス各地やアイルランドの“トラッド”であるところにお国柄の違いがうかがえる。1970年代以降のブリティッシュロックのメインストリームとはまた別の流れとして(そしてメインストリームの底流としても)脈々と受け継がれていく“トラッドロック”のサンプラーとして大変勉強になる一箱。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

A Spoonful of Jazz - Bud Shank (Oldays)

A Spoonful of Jazz - Bud Shank

60年代にビートルズをはじめとする数多くのポップ/ロック作品をジャズ化したサックス奏者、バド・シャンクがラヴィン・スプーンフル作品に取り組んだアルバム(67年作)。参加メンバーの多くは通称“レッキング・クルー”の面々で、例のキラキラしたサウンドでスプーンフル作品がインスト化されている。内容はイージーリスニングの域を出ないが、スプーンフル・ファンであれば持っておきたい一枚。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Best of Don Shirley (Not Now Music)



映画『グリーンブック』で飛躍的に知名度が上がったドン・シャーリーの廉価ベスト盤。クラシック教育を受けたピアニストのジャズ、しかもコントラバスとチェロとのトリオという非常に異色な編成のジャズなので、この一聴して“お高くとまったジャズ”は評価が分かれるところだと思うが、映画をきっかけにリスナー層が広がり、一般的なジャズファン以外でこういった音楽を評価してくれる人が出てくるといいな、などと考えている。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

The New Sound of The Osmond Brothers (Oldays)



オズモンズがまだ“オズモンド・ブラザーズ”としてアンディ・ウィリアムスのTVショーに出演していた1965年にリリースされたセカンド・アルバム。本作の目玉はテリー・メルチャーがプロデュースした「My Mom」と「Mister Sandman」の2曲で、ここでは当時ヒットチャートを席巻していたビーチ・ボーイズのサウンドをほぼ完ぺきに再現しており、オールディーズファンの間で人気が高い。その他の収録曲は彼らのファースト同様、やや前時代的なコーラス曲が中心。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ruby Baby/Donna The Prima Donna - Dion DiMucci (Ace)



ディオンのほぼ全キャリアをカバーする勢いで作品のリイシューを続けるエース・レコードから届いた最新盤は、彼がメジャーのコロンビアに移籍した1963年にリリースしたアルバム2作のカップリング(『Donna 〜』は多分初CD化)。ローリー時代に引き続きポップなヒット曲も多く収録されているが、当時ディランに心酔しギターを持って歌い始めたディオンと、高額な契約金でティーン・アイドルを引き抜いたコロンビアの思惑の違いがはっきりと表れた作品集となっており、どんどんブルージーになっていくR&Bのカバーと、甘ったるいバラードが混在した内容。次にエースから出されるディオンのCDは、コロンビアの残りの音源をコンプリートに集めたコンピレーションになることを今から祈りたい。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100 Novelty Songs (Not Now Music)



ノヴェルティ・ソングのコンピレーションは、テーマがテーマだけに大概音源が再録ものばかりだったり、童謡みたいな曲を穴埋めに入れたりといい加減な作りのものが多いのだが、これは珍しく非常に真面目に作られた不真面目な音楽集(笑)。1950年代〜60年代前半に英米で録音されたノヴェルティ・ソングをオリジナル音源にこだわって100曲集めており、当時ヒットチャートに登場したものも少なくない。非常に廉価なのでチャートマニアにもお薦めしたい一箱。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

Sho Is Funky Down Here - James Brown (Polydor/UMG/Now Again)



これまで僕が知らなかったジェームス・ブラウンのアルバムがまた再発された。これは1971年、彼が「Super Bad」や「Soul Power」といった大ヒットを連発していた時期にリリースされていたインスト・アルバムで、作品のテーマは“アングラ・ロック”。デヴィッド・マシューズやケニー・プールといった地元シンシナティのジャズ・ミュージシャンを起用し制作された本作には、ジミ・ヘンドリックスに触発されハードな音楽性を志向したアイズリー・ブラザーズやファンカデリックなどの作品にヒントを得たようなギターサウンド中心の楽曲が収録されており、ブラウンのアルバムとしてはかなり異色。珍品好きにはお薦め。


Track List
posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Grodeck Whipperjenny (Polydor/UMG/Now Again)



こちらは『Sho Is Funky Down Here』をジェームス・ブラウンとともに制作したキーボーディスト、デヴィッド・マシューズが同時期に“グロデック・ウィッパージェニー”名義でリリースした初リーダー作。1970年代初頭の一時期ブラウンのバック・バンドのリーダーを務めていた彼は、その後CTIレーベルで数多くのクロスオーヴァー作品を手掛ける一線級のアレンジャーとなるが、ここではサイケデリック一辺倒。強烈なファズギターを弾きまくるケニー・プールも、リーダー作ではボサノヴァ・アルバムを発表しているような人なので、これはあくまでもブラウンの指示によって作られた実験的な作品なのだろう。ジャズやファンク好きよりもマイナーなサイケデリック・ロック愛好家と相性がよさそうな一枚。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

America's Greatest Hits 1945 (Acrobat Music)



アクロバットの年別ヒットボックス1945年編は、同年にビルボード誌のベストセラーチャートTOP10にランクインした曲すべてを収録した4枚組。第二次世界大戦が終結した年ということで収録曲も兵士の勇ましさを称える曲、戦地から母国の家族や恋人に思いを馳せる曲(もしくはその反対の立場からの曲)、戦争の終結に歓喜や安堵の心情を歌った曲、母国に帰還した歓びの歌など、戦況の変化につれてヒット曲の内容も変わっていく。歌は世につれ・・とはよく使われる言葉だが、まさに当時の世相を反映したヒット曲集となっている。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

America's Greatest Hits 1951 (Expanded Edition) (Acrobat Music)



こちらは1951年のヒット曲集。ビルボードやキャッシュボックスのTOP15までにランクインしたヒット曲が集められており、1945年編で収録曲の大半を占めていたビッグバンドは嘘のように姿を消し、そこから独立した元バンドシンガーたちがヒットチャートを席巻。カントリーやR&B所縁のヒットも増え、数年ですっかり様変わりした音楽シーンの様子が覗える。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

The Rolling Thunder Revue: The 1975 Live Recordings - Bob Dylan (Columbia/Legacy/SME)



ロックの歴史を後追いでたどっている者にとって、ディランが1975〜76年に仲間を引き連れて敢行したツアー「The Rolling Thunder Revue」と、そこから生まれた未完(?)の映画『レナルド&クララ』は、ディランが顔を白塗りにして舞台に登場するなど様々な試みが生まれながら、その記録がうやむやなまま放置されている“ロック史上の謎”の一つという印象が強いものだった。ライブ音源の一部は2002年に彼のブートレッグ・シリーズ『Bob Dylan Live 1975』でまとめられたりしてはいたのだが、今回ディランのドキュメンタリー映画『No Dorection Home』を監督したマーティン・スコセッシが当時残された膨大な映像と新たに撮影されたインタビュー(ディラン当人を含む)をまとめて『The Rolling Thunder Revue』のタイトルで映像作品化し、アメリカではNetflixで観ることができるのだという。

今回届いたのは映像のリリースに合わせて企画された前出『Bob Dylan Live 1975』の超拡大版で、14枚のCDにツアーのリハーサルと、ライブ5公演分のフル音源などが収録されたボックス。この時期のディランは全米ナンバー1を記録したアルバム『Blood On The Tracks』と『Desire』を立て続けに制作し、シングル「Hurricane」をTOP40に送り込んだ、彼にとって何度目かの創作のピーク期にあり、次々と湧いてくる奇抜なアイディアを、仲間たちを巻き込んで実現しようとしていた活動のドキュメンタリーがここに収められている。正直これをすべて聴き通す自信はないが、内容や背景を把握の上、いずれ日本で実現するであろう(希望!)映像作品の上映会に臨みたいと思っている。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Complete Elektra Recordings - Lonnie Mack (Wounded Bird)



1960年代に「Memphis」「Wham!」といったインストヒットを放ったことで知られるギタリスト、ロニー・マックがエレクトラ・レコードからリリースした4枚のアルバムを集めた2枚組CD。前述のヒットも当然収録されているが今回の主役は60年代末〜70年代初頭にリリースしたボーカル・アルバム3作の方で、それらでは堂々たるアーシーなロックを披露。以前再発された際に“カントリー・ロックの傑作”と評判になった諸作が、まとまめて聴ける形になったのが嬉しい。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

With Pen in Hand: The Definitive Hits Collection - Bobby Goldsboro (Hump Head)



ユニヴァーサル・グループ各社のカントリー系音源を扱うレーベル、Hump Headは時折とんでもないコンピレーションをリリースするので目が離せない。今回は60〜70年代のイージーリスニングの世界で大活躍した人気シンガー、ボビー・ゴールズボロがユナイテッド・アーティスツからビルボード・チャート(ポップ、AC、カントリー)に送り込んだすべてのヒット曲を2枚のCDに収録したベスト盤が到着。作品の口当たりの良さから音楽的評価は決して高くない彼だが、ヒットチャートファンであればなじみ深い楽曲が多数収録されていることがわかるはず。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

The Sammy Kaye Collection 1937-53 (Acrobat Music)



“Swing and Sway”のキャッチフレーズで1930〜50年代のヒットパレードに100曲以上のヒットを送り込んだサミー・ケイの代表作72曲を厳選(?)した3枚組ベスト盤。“スイート・バンド”と呼ばれた当時の典型的なポピュラー・ミュージックが楽しめる。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Horace Heidt Hits Collection 1937-45 (Acrobat Music)



1930年代後半〜40年代半ばの10年足らずの間に約50曲ものヒットを放ったバンドリーダー、ホレイス・ヘイトのチャートヒットをほぼコンプリートに集めた2枚組CD。活躍した時期がほぼ第二次世界大戦と重なるため当時日本にはほとんど紹介されることがなかったと思われるが、バンドは有能なミュージシャン集団であり、メンバーだったフランク・デヴォル、フランキー・カール、アルヴィノ・レイはいずれも後に自身の楽団を立ち上げ、成功を収めている。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

Walk in The Night: The Motown 70s Studio Albums - Jr. Walker & The All Stars (SoulMusic)



1960年代モータウンの人気アーティスト、ジュニア・ウォーカーのキャリアの転換点となったのが1969年のR&Bナンバー1ヒット「What Does It Take (To Win Your Love)」。それまでゴリゴリのファンキー路線を身の上としていた彼が、後にシンガーとしても成功を収めるジョニー・ブリストルのプロデュースで洗練された作風にイメージチェンジ。70年代のソウル・シーンに乗り込んでいくこととなった。

翌70年から76年にかけて彼はモータウンから6枚のスタジオ・アルバムをリリースしているが、意外にもこれまでCD化されておらず、今回のボックスセットでようやく聴くことができるようになった。今でいうところの“モダン・ソウル”時代の彼のサックスと歌声をたっぷりと楽しめる。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Backstreet Brit Funk compiled by Joey Negro: A Collection of The UK's Finest Underground Soul, Jazz-Funk and Disco (ZR)



今から10年近く前にリリースされたコンピレーションだが、最近第2集がリリースされたので合わせて入手。1980年代前半〜半ばにかけてイギリスのインディ・レーベルからリリースされた非エレクトロ系のダンス・ミュージックを集めたもので、アメリカのR&Bともユーロ・ディスコとも異なった独特な解釈の“UKソウル”が聴ける。これらから数年後に世界中で流行するアシッド・ジャズのルーツ的なものとして聴くこともできる。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする