2019年05月31日

Holding Things Together: The Merle Haggard Songbook (Ace)



カントリー・ミュージック界の巨人、マール・ハガードの作品を様々なジャンルのアーティストがカバーした録音集。録音時期は60年代後半〜70年代前半に集中しており、黎明期のカントリーロックやサザンロックバンドがこぞって彼の作品を取り上げている点が興味深い。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Complete Capitol Singles: 1971-1975 - Buck Owens & His Buckaroos (Omnivore Recordings)



バック・オウェンスがキャピトル・レコードからリリースしたすべてのシングル音源をコンパイルするシリーズの第3弾は、1971年から彼が同社を去る75年までの作品を集めたもの。これで先に出た第1集、2集と、別にリリースされている『Warner Bros. Recordings』を揃えることによって、彼が60年代〜70年代に放ったすべてのヒットをCDで聴くことができるようになった。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Nashville "A" Team Collection: Trambone - Chet Atkins (Jasmine)



1950〜60年代にかけてナッシュビルのカントリー・ミュージックを支えたスタジオミュージシャン集団、通称「Aチーム」にスポットを当てたコンピレーション・シリーズ、フロイド・クレーマーに続いての登場は大黒柱チェット・アトキンス。2枚組の1枚目は彼名義の作品を集めたもので、こちらはこれまで数百種類もリリースされている彼の編集盤と大差ない内容だが、重要なのは2枚目の方。カントリーの歴史で最も重要なプロデューサーかつギタリストの一人である彼が手掛けた作品が30曲以上収録されており、近代カントリーの夜明けといえるハンク・ウィリアムスのセッションからエルヴィス・プレスリーの登場、60年代に入って“ナッシュビル・サウンド”がポップチャートを席巻するまでの、カントリー・ミュージックそのものの歩みといっていい重要作が多数収録されている。この「Aチーム」シリーズ、ここから先がより興味深い内容になるはずなので、是非とも続編を期待したいところ。


Track List
posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする