2019年05月16日

The Route to The Root: Chicago Blues 1941-1960 (Oldays)



オールデイズ・レコードのワンコインR&Bコンピレーション第2弾のテーマは“シカゴ・ブルース”。シカゴ・ブルースと聞いてすぐに思い浮かべる「ギター抱えて一節唸る」タイプの有名曲からピアノブルース、女性アーティストまでスタイルにバラエティを持たせながら、シカゴ録音の楽曲収録にとことんこだわるマニアックぶり。「ロックが好きだったらブルースくらい聴いておかなきゃ。」と口煩いロックおやじに説教される前に入手しておきたい一枚。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rock 'n' Roll with Scat Man - Scatman Crothers (Jasmine)



こちらは90年代の一発屋ではなく、1940年代以降長くアメリカの芸能界で活躍したジャイヴ・シンガー、スキャットマン・クローザーズが1956年にリリースしたアルバムに、その前後の時期リリースしたシングル音源を大量に追加したベスト盤。その名前から期待させる強烈なスキャット・ナンバーは意外にも少ないが、ルイ・ジョーダンタイプのユーモラスかつスマートなボーカルは、その後数多くのTVショーや映画『シャイニング』『カッコーの巣の上で』などに出演し活躍を続けた彼の芸風の片りんを感じさせる。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする