2019年05月04日

Stand Back: 1981-2017 - Stevie Nicks (Rhino)



フリートウッド・マックのメンバーとしてだけでなく、ソロアーティストとしても今年ロックの殿堂入りを果たしたスティーヴィ・ニックスの、ソロ活動から生まれた作品を3枚のCDに収めたアンソロジー。ヒット曲やアルバム収録曲だけでなく、様々なアーティストとのコラボレーションやゲスト参加、ライブ音源やサントラ収録作品までかなり細部まで掘りつくした選曲で、既に彼女のオリジナルアルバムをすべて持っているようなファンでも、つい手が伸びてしまうマニアックなボックスとなっている。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jeanette: Spain's Silky-Voiced Songstress 1967-1983 (Ace International)



イギリスのエース・レコードが精力的に取り組んでいる“世界のガールポップ”シリーズの番外編は、スペインで1960〜80年代にかけて活躍した女性シンガー、ジャネットのベスト盤。ロンドン生まれロサンゼルス育ちのジャネット・アン・ディメックは10代の時にバルセロナに移住、当地でフォークロックグループ、ピクニックを結成し、クロディーヌ・ロンジェ風のウィスパリング・ボイスで人気シンガーの仲間入りを果たす。70年代に入りソロとしての活動を始めた彼女は日本語盤も制作された「Soy Rebelde(あまのじゃく)」やフランス映画『カラスの飼育』のテーマ曲「Porqué Te Vas」などインターナショナルな活躍を続けた。スペイン語圏以外では初めてリリースされたこのコンピレーションで、これまで断片的にしかわからなかった彼女のキャリアを総括することができる。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Free Soul Yasuko Agawa (JVCKENWOOD)



昨年購入してここでも紹介した阿川泰子のベスト盤は、30年前に発売されたアナログ盤のストレート・リイシューで、今どきそんなことするかな・・と少々疑問の残るものだったのだが、今年になってこんなコンピレーションがリリースされた。彼女のレコードは海外のクラブでもかけられることがあるそうで、そんな視点からの選曲となっている。

ブラジリアン・テイストのサウンド、舌足らずなボーカル、怪しいアクセントの英語・・・。かなり“風変わりな”音楽として海外では受け止められているのかな、と思いながら聴いた。ジャズというよりも、昨今話題となっている“シティポップ”の流れで聴くと違和感のない内容。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする