2019年04月25日

Sh-Boom: Warner Pop Rock Nuggets Vol. 8 (Warner Music Japan)



久々到着の『ワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツ』シリーズ第8弾は、昨年暮れにまさかの日本レコード大賞企画賞受賞を果たした『ワーナー・ドゥ・ワップ・ナゲッツ』シリーズ3種の続編的内容。名門アトランティック・レコードやコルピックス・レコードなどから送り出されたドゥ・ワップ基本中の基本的名録音を中心に、オマケとしてワーナー系列各レーベルからレアな音源を追加した感じ。『〜ドゥ・ワップ』シリーズを既にお持ちの音楽ファンであれば入手マスト、山下達郎ファンにも併せてお薦めしたい。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mr. Songwriter: Warner Pop Rock Nuggets Vol. 9 - GO! GO! NIAGARA Special Part 1 (Warner Music Japan)



『500 Atlantic R&B/Soul Singles』シリーズ同様リリース日が遅れがちな『ワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツ』の第9弾は、昨年末から今年の前半にかけてラジオ日本で期間限定復活した大滝詠一の伝説的なラジオ番組『GO! GO! NIAGARA』で紹介された楽曲を集めたもの。おそらく番組放送中のリリースを目指して企画されたものだと思うが、残念ながら3月末の放送終了に間に合わず。どうせなら大滝さんお得意の“発売延期ステッカー”もつけてくれたらよかったのに、と思う(笑)。

番組にはソングライター別の特集や、マージービートなどジャンル別にテーマが設定された回があり、その中で入門編的な曲や、重箱の隅的な知られざる佳曲が次々と紹介されていたので、CD収録曲もいわゆるオールディーズから、オンエア当時まだそれほど日がたっていない録音(当時はまだビートルズのメンバーも10年選手、エルヴィスもキャリア20年程度の時期!)まで多岐にわたる。残念ながら番組はもうradikoでも聴けないが、熱心なファンはおそらくエアチェック(今は“ネットチェック”か!?)済みだと思うので、このCDを聴きながら番組内容をご反芻されてみては。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dream Lover: Warner Pop Rock Nuggets Vol. 10 - GO! GO! NIAGARA Special Part 2 (Warner Music Japan)



「GO! GO! NIAGARA Special」第2弾。ラジオ関東(当時)で同番組が放送されていたのは、大滝さんが20代後半の頃。復刻版のラジオ番組を聴くとその英語混じりのDJスタイルは随分と鼻につく青年風(笑)だが、それから40年たって、未だにその若者に教えられている自分がいるという。。ここに収録されている曲の殆どは60年代当時日本のヒットパレードには登場しなかった“オールディーズ”で、この番組が以降の日本の音楽リスナーのオールディーズの聴き方(ブリル・ポップからソフトロックまで)に大きな影響を与えたことは間違いない。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする