2019年03月19日

Las Vegas Grind, Vol. 7 (Strip/Jazzman)



1990年代、モンド/ラウンジブームに沸く渋谷宇田川町界隈でも話題となった海賊盤コンピ「Las Vegas Grind」が、20数年の時を経てなんと正規盤でシリーズ復活!“ストリップ劇場のBGM集”という建てつけの内容だがジャンルは多岐にわたり、R&R以前のジャンプ・ブルースも、60年代のガレージロックも初期のファンクも、並べて聴けば音楽的に地続きであることを当時教えてくれた“目からウロコ”的名コンピ。再開をきっかけに過去に入手し損なったシリーズの何枚かを入手するため、久しぶりに中古盤を漁ってみたくなった(笑)。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The EP Collection - Moondog (Hallmark)



ニューヨークで路上生活を長年続けながら音楽作品を制作した前衛音楽家、ムーンドッグが1950年代半ばにリリースしたEP音源をまとめたCD。時代を先取りした、というべきか、どんな時代もこんな変わり者はいる、というべきか・・。60年代以降盛んに制作された音の動きを最小限に抑え、パターン化された音型を反復させる「ミニマル・ミュージック」の先駆的作品集と評価できなくもない。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Pacific Paradise - Paul Page & His Paradise Music (Subliminal Sounds)



ハワイの様々なホテルのラウンジでハワイアンやエキゾチック・ミュージックを演奏していたポール・ペイジ楽団が、1950年代後半から60年代前半にかけて観光客向けに自主制作した3枚のアルバムをまとめたCD。録音状態はあまりよくないが、当時のリアルなハワイのラウンジ・シーンを知ることができる内容となっている。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする