2019年02月16日

Sweet Innocent - Michele White (Sunshine Sound/Clinck)



KC &ザ・サンシャイン・バンドのメンバーが設立したレーベルから1978年にリリースされた女性シンガー、ミシェル・ホワイトの唯一作。サンシャイン・バンド風のダンスナンバーとAOR風サウンドが混在しており、全体的に内容は悪くない。参加ミュージシャンとしてボビー・コールドウェルの名前もクレジットされている。


Track List

posted by yakame at 03:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

REID, inc. (Bold/Clinck)



マイアミ・ソウルシーンの重要人物クラレンス・リードが名付け親となった女性4人組グループ唯一のアルバム(77年作)。軽快な「What Am I Gonna Do」ほか全盛期のTKサウンドの楽しさが伝わってくる一枚。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Sweat Sound - Bill Pursell and The Nashville Sweat Band and Aides (Alston/Solid)



1963年に「Our Winter Love」のインストヒットを放ったセッションピアニスト、ビル・パーセルが1976年にナッシュビルで制作したディスコアルバム。ラテンのスタンダード「エル・クンバンチェロ」をディスコ化した「Bump Me Baby」ほか、典型的なイージーリスニング系ディスコサウンド(??)を聴くことができる。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Chakachas (Avco/Clinck)



1972年に「Jungle Fever」が世界的なヒットを記録したベルギーのスタジオユニット、チャカチャスがその成功に乗じて同年に発表したアルバム。キャッシュボックスチャートにぎりぎりランクインを果たした“二匹目のドジョウ”「Stories??」を収録。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする