2019年02月04日

Power (Malaco/Solid)



ミネアポリス出身の5人組ボーカルグループ、パワーが1982年にマラコからリリースしたアルバム。ヤング・ラスカルズ「Groovin'」のカバーや、テンプテーションズらのヒット曲を取り上げた長尺メドレー「Play It Again Sam」など聴きどころは多い。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Voices of Dr. Dave - David St. George (Malaco/Solid)



サザンソウルのイメージが強いマラコのカタログの中では非常に異色なデイヴィッド・セント・ジョージの1985年作(フィラデルフィア録音)。80年代初頭のエレクトリック・ファンクからUKのシンセ・ポップを経由して80年代末のニュー・ジャック・スウィングへと至る音楽の過程の中間地点で、非常に独特な世界を築いた内容となっている。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Hold On - Tommy Tate (Malaco/Solid)



1970年代初頭にいくつかのヒットを放ったフロリダ出身のR&Bシンガー、トミー・テイトの、1979年当時日本のみでリリースされたという(!)アルバム。ジェイムズ・カーで知られるアルバムタイトル曲(テイトの作曲)のセルフカバーをはじめ、この時期のマラコの作品の中でも飛びぬけて本格的なサザンソウルが楽しめる。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする