2019年01月28日

The Phonographic Year Book 1909: Talk of Your Scand'lous Times (Archeophone)



1909年(明治42年)のヒット曲集。当時ブロードウェイで上演されていたバラエティショーから生まれたコミカルなナンバーや、テナー歌手たちによる感傷的なバラード、そしてその彼らが入れ代わり立ち代わり結成したデュオやクァルテットによるナンバーなど、まだまだレコーディング業界が限られたメンバーによって回されていた時代で、そんな中から現在も歌い継がれている「Shine On, Harvest Moon」「I Wonder Who's Kissing Her Now」といった楽曲が、この年に初めてヒットチャートに登場している。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Roots of Popular Music: The Ralph S Peer Story (peermusic/Sony Music Latin)



1920年代から50年代にかけて音楽界で活躍し、ポピュラー音楽の様々なジャンルの先駆的存在となったプロデューサー/音楽出版者、ラルフS.ピアーの業績にスポットを当てたボックスセット。ピアーはプロデューサーとしてレコード史上初めての黒人向けブルース・レコード、メイミー・スミスの「Crazy Blues」を1920年にヒットさせ、その後27年にはレコード機材を車に積み込んでアメリカ南部に趣き、カントリー音楽史の最重要アーティスト、ジミー・ロジャースとカーター・ファミリーのレコーディングに成功。更に第二次大戦前後には音楽出版社を立ち上げて中南米産の楽曲を英語圏に広く紹介し、その後にはバディ・ホリー、リトル・リチャードといった若き才能を発掘して出版権を獲得するなど、1960年に没するまで幅広い影響力を誇った。

現在称されるところの“ルーツ・ミュージック”の殆どの種子を音楽産業に撒いたといって過言ではない彼が手掛けた作品、世に紹介した作品から、彼の没後遺された音楽出版会社「ピアー・ミュージック」を通じて世の中に紹介された彼の精神を受け継ぐ作品をCD3枚にわたって約100年のタイムスパンで追った本作は、ポピュラー音楽の醍醐味を存分に味わえる(加えて聴き手に己の勉強不足を痛感させる・・)重量級のボックスセットとなっている。


Track List
posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする