2019年01月19日

Ronnie Bird (Oldays)



1960年代半ば、フランスでいち早くブリティッシュR&B的要素を自らの音楽に取り入れ、母国語で表現してみせた“フランスの内田裕也(??)”ロニー・バードの作品集。オリジナルのヒットを生み出すことなく当時音楽シーンから姿を消したそうだが、そのユニークな解釈がガレージロック珍品として音楽好事家には堪らない内容となっている。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Black Monk Time - Monks (Oldays)



1960年代半ばに米軍の退役兵によってドイツのハンブルグで結成された伝説のガレージロックバンド、モンクス(僧侶のように頭頂部を剃り上げたことに由来)の、ドイツと北欧の一部のみでリリースされた唯一のアルバムが紙ジャケ化。オルガンをフィーチャーした暴力的なサウンドは1980年代に入って再発見され、トリビュートアルバムまで制作されるほどの評価を得ている。ボーナストラックにはレコード会社の指示で制作された意外なほどポップなシングル曲も収録。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Twist-Time im Star-Club Hamburg - The Rattles (Oldays)



1970年代に日本でも「Devil's On The Loose(悪魔の嵐)」をヒットさせるドイツのビートバンド、ザ・ラトルズがハンブルグの名物ライブハウス「スタークラブ」における実況盤形式でリリースした初期録音集(1963〜64年録音)。ビートルズ他当地を訪れたブリティッシュ・ビート勢に触発された形で生まれた“ジャーマン・ロック黎明期”の貴重なドキュメント。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする