2019年01月01日

Spooky/Mamas and Papas/Soul Train/Traces/Song - Classics IV (BGO)



1960年代後半に人気を博したソフトロック・グループ、クラシックス・フォーがインペリアル〜リバティ・レーベルからリリースしたアルバム4枚を2枚のCDにまとめたもの。初期のR&B色の強い作風から、ボーカルのデニス・ヨーストを中心に据えたムード歌謡路線まで、全盛期の彼らの音源の殆どが収録されている。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

What Am I Crying For?/Going Through The Motions plus 6 - Dennis Yost and The Classics IV (unknown label)



こちらはブートCD。デニス・ヨーストとバンドが70年代にMGMに移籍して以降の音源と、ヨーストが80年代に入ってリリースしたソロアルバムのカップリング。人気は下降状態にあったが内容は“プレAOR”的なサウンドで意外にもよく、ヨースト独立後にバンドメンバーが結成した「アトランタ・リズム・セクション」に通じる雰囲気。こちらもいずれオフィシャルな復刻を望みたい。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Broken Arrows: Rarities 1965-1968 - Buffalo Springfield (Eternal Grooves)



方々にとっ散らかっていたバッファロー・スプリングフィールドのデモやライブ音源等をひとまとめにしたコンピレーション。代表曲「Bluebird」の9分に及ぶロングバージョンは、おそらくこれが初CD化。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする