2019年01月31日

The Rose Brothers (Muscle Shoals Sounds/Solid)
Everything's Coming Up Roses - The Rose Brothers (Muscle Shoals Sounds/Solid)



シカゴ出身の4人組“ローズ家の人々”がマラコ・レコード傘下の「マッスル・ショールズ・サウンド」から80年代半ばにリリースしたアルバム二作。南部のインディ・レーベルからのリリースということで泥臭い作品を予想して聴くとこれが大間違いで、アップテンポのナンバーでは“プレ・ニュー・ジャック・スウィング”的なサウンドに度肝を抜かれ、最大のヒットである「Easy Love」をはじめとしたメロウ・ナンバーでは、彼らのボーカルスキルに唸らされる。個人的にはこれまで見落としてきたこの時代、この地域の音楽に、大変芳醇なものがあることに気づかされた作品。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mosley & Johnson (Muscle Shoals Sounds/Solid)
Premium - Mosley & Johnson (Muscle Shoals Sounds/Solid)



マラコ・レコードのスタッフライターとしてジョニー・テイラーやボビー・ブランド、リトル・ミルトンといったアーティストに作品を提供していたサム・レイ・モズレーとロバートA.ジョンソンの二人が1987年と89年にデュオとしてリリースしたアルバム。セルフタイトルのデビュー作は時流に乗ったポップ・ソウル路線で打ち込みっぽいドラムのサウンドがやや煩いが、セカンドの『Premium』の方はメロウな曲調の作品が佳曲揃いで、ちょっとした掘り出し物。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

I Ain't Gonna Sing No Rock and Roll - Bill Moss and The Celestials (Malaco/Solid)



1969年に「Sock It to 'Em Soul Brother」のヒットを放ち、その後ファミリー・ゴスペル・グループを率いて活動を続けていたビル・モスが、1985年にマラコからリリースしたゴスペル・アルバム。ビルのボーカルはやや心許ないが、ファミリーたちのボーカルと確かなバッキングによりファンキーで親しみやすいアルバムとなっている。なおビルの息子J.モスはプロダクション・チーム“PAJAM”のメンバーとしてイン・シンクやドゥルー・ヒル、パティ・ラベルといったアーティストの作品を手掛けているのだとか。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

The Phonographic Year Book 1909: Talk of Your Scand'lous Times (Archeophone)



1909年(明治42年)のヒット曲集。当時ブロードウェイで上演されていたバラエティショーから生まれたコミカルなナンバーや、テナー歌手たちによる感傷的なバラード、そしてその彼らが入れ代わり立ち代わり結成したデュオやクァルテットによるナンバーなど、まだまだレコーディング業界が限られたメンバーによって回されていた時代で、そんな中から現在も歌い継がれている「Shine On, Harvest Moon」「I Wonder Who's Kissing Her Now」といった楽曲が、この年に初めてヒットチャートに登場している。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

America's Greatest Hits 1952 [Expanded Edition] (Acrobat Music)

America's Greatest Hits 1952 [Expanded Edition]

1952年(昭和27年)のヒット曲集。アクロバットからは以前にも1枚もので同年のヒットをまとめたCDが出ていたので、ここでは比較的“重箱の隅”的なヒットが意識的に選ばれている印象で、大ヒットに隠れてしまったその曲の競作盤(または便乗カバー)や、この手のコンピレーションでは見落とされがちなイージーリスニング系楽団のヒット曲が多く収録されているのが、ヒットチャートマニアには嬉しい。エディ・フィッシャーやジョニー・レイなど、エルヴィス・プレスリーの登場以前に人気を博した男性アイドルたちの活躍や、ハンク・ウィリアムス作品などカントリー曲がポピュラー系のアーティストに取り上げられヒットチャートの上位にランクインするなど、華やかな雰囲気の中徐々に時代が変化していく様子がそこかしこで窺える楽しい内容になっている。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Roots of Popular Music: The Ralph S Peer Story (peermusic/Sony Music Latin)



1920年代から50年代にかけて音楽界で活躍し、ポピュラー音楽の様々なジャンルの先駆的存在となったプロデューサー/音楽出版者、ラルフS.ピアーの業績にスポットを当てたボックスセット。ピアーはプロデューサーとしてレコード史上初めての黒人向けブルース・レコード、メイミー・スミスの「Crazy Blues」を1920年にヒットさせ、その後27年にはレコード機材を車に積み込んでアメリカ南部に趣き、カントリー音楽史の最重要アーティスト、ジミー・ロジャースとカーター・ファミリーのレコーディングに成功。更に第二次大戦前後には音楽出版社を立ち上げて中南米産の楽曲を英語圏に広く紹介し、その後にはバディ・ホリー、リトル・リチャードといった若き才能を発掘して出版権を獲得するなど、1960年に没するまで幅広い影響力を誇った。

現在称されるところの“ルーツ・ミュージック”の殆どの種子を音楽産業に撒いたといって過言ではない彼が手掛けた作品、世に紹介した作品から、彼の没後遺された音楽出版会社「ピアー・ミュージック」を通じて世の中に紹介された彼の精神を受け継ぐ作品をCD3枚にわたって約100年のタイムスパンで追った本作は、ポピュラー音楽の醍醐味を存分に味わえる(加えて聴き手に己の勉強不足を痛感させる・・)重量級のボックスセットとなっている。


Track List
posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

ゴールデン☆ベスト:大橋純子 シングルス (USM Japan)



以前シティ・ポップ系(近年はベタな歌謡曲とほぼ同義語となってしまった“ニューミュージック”という言葉の使用を避け、こちらが好んで使用される傾向がある)の再発CDを取り上げた時に、各社から何百種類とリリースされている「ゴールデン☆ベスト」シリーズが実は宝の山であることに気づき、今後中古盤屋を熱心に探して回りたい・・というようなことを書いた気がするが、有難いことに同シリーズの何種類かが、税込み1,000円程度の値段で再プレスされ始めている。こちらはその大橋純子編。

以前彼女が美乃家セントラル・ステイションと組んで発表したR&B〜AOR色の強いアルバム2作をここで紹介したが、こちらはそういった洋楽サウンドの影響を色濃く感じさせる初期作品から、ベストテン番組の常連となっていった時代のムード歌謡調の作品まで、ヒット曲をほぼ網羅した内容のシングル集。サウンドは変わってもその個性的なボーカルは一貫して彼女独特の世界を創り上げている。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴールデン☆ベスト:シングルス・アンド・モア - 石川セリ (USM Japan)



1980年代のシティポップシーンを賑わせた女性シンガーの一人、石川セリのベスト盤が1,000円で再プレス。一連のヒット曲に加え、70年代の「ダンスは上手く踊れない」、アングラムード漂うデビュー曲「八月の濡れた砂」まで幅広い選曲となっている。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Graciela Susana Golden★Best (EMI/USM Japan)



1970年代初頭に“タンゴ界の新星”として来日、その後日本の歌謡界で長く活躍したアルゼンチン出身のシンガー、グラシェラ・スサーナのベスト盤(全曲日本語)。競作ヒットとなった「サバ(シバ)の女王」ほか「アドロ」など初期のレパートリーを収録。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

Adamo (Oldays)



日本でも大変な人気を博したベルギーのシャンソン・シンガー、サルヴァトーレ・アダモが1964年にリリースしたファーストアルバム。“イエ・イエ”と呼ばれるタイプのR&Rナンバーから、日本では越路吹雪のカバーで有名な「サン・トワ・マミー」や青江三奈の「伊勢左木町ブルース」に多大なヒントを与えたと思われる「ブルージーンと皮ジャンパー」、さらに後年日本語詞が付けられて異例のロングヒットを記録する「雪が降る」など、収録曲すべてが彼のペンによる才気溢れる作品集となっている。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Gigliola Cinquetti (Oldays)



1964年にサン・レモ音楽祭のグランプリを獲得した「夢みる想い」で世に紹介され、我が国のカンツォーネブームを可憐な歌声で牽引したイタリアの女性シンガー、ジリオラ・チンクェッティの記念すべきファーストアルバム。ボーナスに「ナポリは恋人」「愛は限りなく」といったヒット曲を追加収録。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Comment La Revoir - Chantal Goya (Oldays)



“フレンチ・ポップ”が我が国に次々と紹介された1960年代半ばに注目を集めた女性シンガー、シャンタル・ゴヤのシングルやEP音源を集めた日本編集盤。ヒット曲「乙女の願い」「乙女の涙」、ジャン・リュック・ゴダール監督の映画『男性・女性』主題歌などを収録。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

Ronnie Bird (Oldays)



1960年代半ば、フランスでいち早くブリティッシュR&B的要素を自らの音楽に取り入れ、母国語で表現してみせた“フランスの内田裕也(??)”ロニー・バードの作品集。オリジナルのヒットを生み出すことなく当時音楽シーンから姿を消したそうだが、そのユニークな解釈がガレージロック珍品として音楽好事家には堪らない内容となっている。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Black Monk Time - Monks (Oldays)



1960年代半ばに米軍の退役兵によってドイツのハンブルグで結成された伝説のガレージロックバンド、モンクス(僧侶のように頭頂部を剃り上げたことに由来)の、ドイツと北欧の一部のみでリリースされた唯一のアルバムが紙ジャケ化。オルガンをフィーチャーした暴力的なサウンドは1980年代に入って再発見され、トリビュートアルバムまで制作されるほどの評価を得ている。ボーナストラックにはレコード会社の指示で制作された意外なほどポップなシングル曲も収録。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Twist-Time im Star-Club Hamburg - The Rattles (Oldays)



1970年代に日本でも「Devil's On The Loose(悪魔の嵐)」をヒットさせるドイツのビートバンド、ザ・ラトルズがハンブルグの名物ライブハウス「スタークラブ」における実況盤形式でリリースした初期録音集(1963〜64年録音)。ビートルズ他当地を訪れたブリティッシュ・ビート勢に触発された形で生まれた“ジャーマン・ロック黎明期”の貴重なドキュメント。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

They Call Us Au Go Go Singers (Oldays)



ニューヨークのグリニッチ・ヴィレッジにあったライブスポット「Cafe Au Go-Go」のバックアップで、当地の音楽シーンや舞台で活動していたパフォーマーを集めて1964年に結成された大所帯フォークグループが“オゥ・ゴー・ゴー・シンガーズ”。バッファロー・スプリングフィールド結成以前のステーヴン・スティルスとリッチー・フューレイが参加していたことでも知られる彼らのアルバムは、当時人気のあったニュー・クリスティ・ミンストレルズタイプの素朴なフォークソングが大半を占めた内容となっている。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Mugwumps (Oldays)



こちらはママス&パパスのキャス・エリオットとダニー・ドハーティ、ラヴィン・スプーンフルのザル・ヤノフスキー、ソングライターとして注目を集めることになるジェイムス・ヘンドリックスの4人が1964年に結成していたグループ、マグワンプスが遺した音源集。当時シングル一枚しか正式にリリースされずに終わったグループだが、既にポップなフォークロック・サウンドが展開されており、大変興味深い内容となっている。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Even Dozen Jug Band (Oldays)



更にこちらはマリア・マルダーやラヴィン・スプーンフルのジョン・セバスチャン、ブルース・プロジェクト〜BS&Tのスティーヴ・カッツらが参加していたイーヴン・ダズン・ジャグ・バンドが1964年にリリースした唯一のアルバム。グループ解散後もジャグ・バンドサウンドをそれぞれの作品に活かしていったマルダーやスプーンフルの活動のルーツとして、ファンであればチェックしておきたい一枚。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

Dobie Gray Sings for "In" Crowders That Go "Go Go" (Oldays)



1970年代にカントリー・ソウル路線で安定した人気を誇ったR&Bシンガー、ドビー・グレイが65年に放ったノーザンソウル・クラシック「The "In" Crowd」をフィーチャーしたアルバム。60年代前半のアーリーソウルと、モータウンの隆盛などによりその後R&Bのメインストリームになっていくダンサブルなナンバーが混在した過渡期的な内容。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Treat Me Right - Roy Head (Oldays)



テキサスから登場しソウルフルなボーカルとダイナミックなステージングで人気を博した白人R&Bシンガー、ロイ・ヘッドの代表曲「Just A Little Bit」をフィーチャーした1965年作。そのボーカルスタイルはその後70年代に確立される“男性ロックボーカリスト”のひな型の形成に一役買った印象を強く受ける。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Magnificent Men (Oldays)



白人グループながらニューヨークのアポロ・シアターのヘッドライナーも務めたというペンシルベニア州出身の本格派R&Bグループ、マグニフィセント・メン1968年発表のファーストアルバム。インプレッションズあたりの影響を強く感じさせる音楽性は、ラジオで聞いたら恐らく白人グループとわからないくらい。ボーナスとして追加されているライブの「Sweet Soul Medley」は、トッド・ラングレンの同様な試みに数年先駆けた内容となっている。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

Movin' with Nancy - Nancy Sinatra (Oldays)



1967年のクリスマスシーズンに放映されたナンシー・シナトラのTVスペシャル『Movin' with Nancy』のサントラ。父フランク・シナトラはじめ豪華なゲストを迎えた内容で、同番組の中で披露されたディーン・マーティンとのデュエット「初恋の並木道」は日本で独自にシングルカットされ、ヒットを記録している。ボーナストラックにはリー・ヘイズルウッドとのデュエット2曲を追加。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A Halo to You - The Angels (Oldays)



1963年に「My Boyfriend's Back(私のボーイフレンド)」で全米ナンバー1を獲得したエンジェルスが翌64年にリリースしたアルバム。シングルとしてリリースされた「Wow Wow Wee」はガールポップの傑作といっていい出来だったが、時はビートルズ旋風真っ只中。このアルバムで無邪気にも彼らの「抱きしめたい」をカバーし「Little Beatle Boy」なんて曲まで収録していた彼女たちは、あっという間に時代の潮流に押し流され、二度とヒットチャートに返り咲くことはなかった。作品の内容がいいだけに、時代のタイミングを恨むばかりのガールポップ名盤。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

The Tokens Again (Oldays)



昨年末にトーケンズの見慣れないアルバムが1,000円CD化されたので、とりあえず入手。このアルバムは彼らが「ライオンはねている」などのヒットを放ったRCAから、既に他レーベルに移籍していた1966年に古巣よりリリースされたコンピレーション。このアルバムがこの時期にリリースされた理由を、まず考えなければいけない。

トーケンズがRCAを離れ、自ら設立した「B.T.パピー」に移籍したのは1964年のこと。RCAでの彼らは「ライオン〜」の全米ナンバー1ヒットはあったものの、その後フォローアップに値するヒットを放つことができず、この時点ではいわゆる“一発屋”。一方でシフォンズなどを手掛けプロデューサー業は順調だった彼らは、運営していたプロダクション「ブライト・チューンズ」を冠したレーベルを立ち上げ、そこから1966年に念願のTOP40ヒット「I Hear Trumpets Blow」を放ったのだった。

あるアーティストがカムバックを果たすと、以前に所属していたレーベルがそのアーティストの過去の録音を掘り起こしてコンピレーションをリリースするのはよくあること。 しかしこのアルバムがリリースされた経緯を考えるには時代背景も考えたいところ。彼らがカムバックを果たした1966年、「B.T.パピー」から弟分グループとして送り出したザ・ハプニングスが1959年のヒット「See You in September」のカバーをヒットさせ、その後延々と盛り上がる“R&Rリバイバル”の先鞭を切ったことにRCAは大いなる刺激を受け、トーケンズが同社に遺したドゥ・ワップ風味の作品ばかりを集めたアルバム(本作)をリリースしようと考えたのではないか?というのが私の推理。

と、生まれた経緯は不純ながら(あくまでも推測だが・・)、本作の内容は“トーケンズ名唱選”といって間違いないもの。「ライオン〜」のイメージで彼らを色物グループと考えている音楽ファンがいたら、是非このアルバムを聴いてホワイト・ドゥ・ワップグループ史上屈指の実力派グループである彼らの魅力を味わってみていただきたい。


Track List
posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Extraordinary Kui Lee (Oldays)



1966年に34歳の若さで夭折したハワイのエンターテイナー、クイ・リー唯一のアルバム(66年作)。フォークロック時代のポピュラー音楽といった印象の穏やかな作品が多く収録されており、中でも彼が作曲した「I'll Remember You」はエルヴィス・プレスリーはじめ多くのアーティストがカバーを残している。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Songs We Sang On The Andy Williams Show - The Osmond Brothers (Grey Scale)



オズモンド・ブラザーズのファーストアルバムがようやくのCD化(ただし板おこし)。“オズモンズ”としてヒット曲を連発するずっと前の1963年にリリースされた本作は、アルバムタイトル通りTVの「アンディ・ウィリアムス・ショー」で披露していた(当時既に)昔懐かしいレパートリーをほぼアカペラで録音したもの。かなりノベルティっぽい雰囲気のアルバムだが、彼らのハーモニーはこの時点で既にホンモノ。全米のお茶の間のマスコット的存在だった幼少時代のダニー・オズモンドの活躍ぶりが楽しい。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Come Join My Orchestra: The British Baroque Pop Sound 1967-73 (Grapefruit)



1960年代後半から70年代前半にかけてイギリスで盛んに制作された、オーケストラを多用するなどクラシカルな雰囲気を持つポピュラー音楽、通称“バロック・ポップ”をCD3枚全80曲のボリュームでコンパイル。ソフトロックファンは必携。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

Spooky/Mamas and Papas/Soul Train/Traces/Song - Classics IV (BGO)



1960年代後半に人気を博したソフトロック・グループ、クラシックス・フォーがインペリアル〜リバティ・レーベルからリリースしたアルバム4枚を2枚のCDにまとめたもの。初期のR&B色の強い作風から、ボーカルのデニス・ヨーストを中心に据えたムード歌謡路線まで、全盛期の彼らの音源の殆どが収録されている。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

What Am I Crying For?/Going Through The Motions plus 6 - Dennis Yost and The Classics IV (unknown label)



こちらはブートCD。デニス・ヨーストとバンドが70年代にMGMに移籍して以降の音源と、ヨーストが80年代に入ってリリースしたソロアルバムのカップリング。人気は下降状態にあったが内容は“プレAOR”的なサウンドで意外にもよく、ヨースト独立後にバンドメンバーが結成した「アトランタ・リズム・セクション」に通じる雰囲気。こちらもいずれオフィシャルな復刻を望みたい。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Broken Arrows: Rarities 1965-1968 - Buffalo Springfield (Eternal Grooves)



方々にとっ散らかっていたバッファロー・スプリングフィールドのデモやライブ音源等をひとまとめにしたコンピレーション。代表曲「Bluebird」の9分に及ぶロングバージョンは、おそらくこれが初CD化。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする