2018年10月31日

Original Motion Picture Soundtrack: I Dolci Inganni (Les adolescentes) music composed by Piero Piccioni (Saimel Ediciones S.L.)



1960年に公開されたカトリーヌ・スパーク主演のイタリア映画『17歳よさようなら』のサントラ。イタリアの高名な作曲家ピエロ・ピッチオーニによる“シネジャズ”満載な好盤だが、残念なのは映画公開時日本でもヒットし、ザ・ピーナッツのカバー盤もリリースされた主題歌「Arrivederci」が収録されていないこと!あれを目当てに購入したのに・・・。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Peppermint Twist/Furore/Il Tuo Bacio È Come Un Rock - Adriano Celentano (Factory of Sounds)



「2万4千回のキッス」で知られるイタリアのロックンローラー、アドリアーノ・チェレンターノの初期3作のアルバムをボックス化。R&R黎明期の熱気(イタリア風味)が現在にも伝わってくる好録音集。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kubrick's Music: Selections from The Films of Stanley Kubrick (él)



スタンリー・キューブリック監督の映画で使用された音楽を集めた3枚組CD。ごく初期の何作かを除いてどの作品でも過去の音楽が非常に印象的に使われており、それによって映画以降、その曲の持つイメージが全く変わってしまうケースも多々。好き嫌いは分かれるが、映画ファンであれば興味深く聴けるボックス。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする