2018年10月28日

Nice Folks: Warner Pop Rock Nuggets Vol. 5 (Warner Music Japan)



毎回到着を楽しみにしているワーナー・ジャパンの『Pop Rock Nuggets』シリーズ。リリースのニュースを聞くたび収録曲リストも見ずに予約注文しているのだが、いつもそこからが長い(笑)。発売日が何度も延期され、半年待ちは当たり前・・。丁寧なライセンス交渉、と前向きに受け止めるようにしてはいるものの、注文を忘れかけた頃に、ようやくCDが到着するという。。

それはともかく。シリーズ第5弾は60年代後半を中心としたアメリカ産ポップス編。ノーザンソウルっぽい何曲かを除くとマイナーなソフトロック系作品が多くを占め、同シリーズではおそらくもっともマニアックな内容。それ系統の音楽が大好物な僕には大変うれしいコンピレーションだが、気になったのはここに収録されている「See That Girl」、これってヴォーグスじゃないよね??これまでのCDで聴けた音源と全然違うし、何しろソロボーカルだし・・・。ここで聴ける録音が誰のバージョンなのか、ご存知の方はご教示いただけると幸いです。。。

CDの後半には70年代のヒット曲も何曲か収録されており、今後ますますの発展が期待できるこのシリーズ。対象年代をどんどん広げて、なかなかCDでは聴けない歴史に埋もれた佳曲を発掘する長寿シリーズとなってくれることを願うばかり。



Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

I Hear You Knocking: Warner Pop Rock Nuggets Vol. 6 (Warner Music Japan)



『Warner Pop Rock Nuggets』第6弾は、数年前にEMIグループがユニヴァーサルに吸収合併された際に、棚ボタ式に(笑)ワーナーに移譲された旧EMI系の音源を中心とした60〜70年代ブリットポップ集。マージービート〜ポップサイケ系の作品が多数収録されているが、海外で既発のコンピレーションで聴ける音源が多く、どちらかというと本CDを企画したスタッフの「えっ!こんなCDをワーナーで出せちゃうの!?」という喜びばかりが伝わってくる(笑)内容となっている。確かにEMI時代も、ユニヴァーサルに移管されてた場合でも、到底期待できないCDにはなっているのだが・・。

CD後半には70年代前半のUKヒットが多数選曲されていて、こちらは選曲者の【俺の青春べスト】的な印象(笑)(笑)。次回の同趣コンピは、より“日本人にしか選曲できない”UKポップを集めた内容でお願いします。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Love Land: Warner Pop Rock Nuggets Vol. 7 (Warner Music Japan)



『Warner Pop Rock Nuggets』シリーズ第7弾は、ワーナー・ミュージック・グループが誇るアトランティック系をはじめとする傘下レーベルのR&B系音源を集めたコンピレーション。本シリーズのテーマは“無名ながら今日においても鑑賞を耐えうる”作品を再提示することだそうだが、本CD収録曲の多くは“無名”と呼ぶには大変失礼な定番曲が多く、これまでR&B系クラシックには縁遠かったオールディーズファン向けの入門編、との位置づけのコンピという印象。

ワーナー系のR&Bコンピでは『500 Atlantic R&B Soul Singles』というリリース年別にシングル音源を徹底的に発掘していく大型企画も同時進行しており(こちらも本シリーズ以上に発売延期が繰り返されがち!!)、それとの兼ね合いが難しいところだが、よりカジュアルなR&Bコンピとして“黒系苦手”なオールディーズファン啓蒙に邁進していただければと思う。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする