2018年08月07日

The Sun Shines On My Street: Sunshine, Soft & Studio Pop 1966-1970 (Teensville)



絶好調ティーンズヴィルの60年代ソフトロック佳曲集最新盤。英米を中心とした有名無名アーティストの知られざる録音を31曲収録しており、意外な人物の録音や、意外なカバー録音を好音質で楽しむことができる。かつて怪しげなレーベルからリリースされていた高価な板おこし(アナログ盤からダビングされた)CDを細々と買い集めていた頃を思うと、随分いい時代になったものだと思う。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Rainbows (Oldays)



1967年に日本で大ヒットを記録した「バラ・バラ」はドイツのビートバンド、ザ・レインボウズが1965年に本国でヒットさせたノベルティ・ナンバー。歌詞のほとんどが【まべびべびばらばら】で終始する日本人にも非常にわかりやすい外国語曲(笑)で、曲中「バラバラ」が64回も繰り返されることも話題となり、当時洋楽レコードセールスチャートを掲載していた『ミュージックマンスリー』『ダンスと音楽』両誌でナンバー1を記録している。

今回日本の洋楽ファンのほとんどが「バラ・バラ」しか聞き覚えのない彼らのオリジナルアルバムが復刻された。1965年という時代的に彼らのレパートリーのほとんどはアメリカ産のR&Rのカバーで、当時のドイツのビート・シーンの雰囲気が覗える内容。ボーナストラックにはシングルで発売されたドイツ語曲やオリジナル曲が追加収録されており、彼らなりにオリジナリティを模索した様子を知ることができる。



Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする