2018年07月13日

サヨナラは出発のことば +3 - 安田明とビート・フォーク (Solid/Ultra Vybe)
ナウ・ディスコティック - ビート・フォーク (Solid/Ultra Vybe)



安田明とビート・フォークは、1970年代半ばに各地のディスコや米軍キャンプなどで演奏活動を行っていた当時は稀な和製ファンクバンド。1990年代に盛んにリリースされたコンピレーション『幻の名盤解放同盟』周辺でその名前は何度も聞いていたが、作品を実際に聴くのは今回が初めて。

1975年のファースト『サヨナラは出発のことば』はそれまで日本の民謡をファンク調に演奏するシングルなどをリリースしていた彼らが全編オリジナルで世に問うた意欲作。サウンドはR&B〜ファンク、詞はフォーク調という奇妙な世界だが、演奏力は非常に高く、ねちっこいボーカルはある意味“ソウル”といえるのかも。続いて76年にリリースされた『ナウ・ディスコティック』は当時ディスコで流行っていた洋楽ナンバーを彼らがカバーしたもので、こちらの方がいつもの彼らの姿なのだろう。どの録音も本家に劣らぬ内容で、当時既にこのようなR&Bバンドが日本に存在していたことに驚嘆する。

彼ら自身が商業的な成功を収めることはなかったが、ボーカルの安田明はアニメソングの世界にも録音を残しており「ドカベン」や「ヤッターマン」の主題歌は彼によるものなのだとか。聴きなおしてみると、意外とソウルフルに聞こえるかも・・?


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

侍 - ミッキー・カーティスと侍 (USM Japan)
河童 - ミッキー・カーティスと侍 (USM Japan)



1950年代のロカビリーブームで頭角を現し、その後マルチタレントとしてTVやステージなどで活躍したミッキー・カーティスは、60年代後半にGSグループ“ヴァンガーズ”を率いて東南アジアに渡り、各国のクラブやカジノのハコバンドとして活動。当地ではかなりの人気を呼んだそうで、その人気ぶりに目をつけたプロモーターの誘いで今度はヨーロッパに活動の拠点を移し、日本人バンドとしての印象づけのためグループ名を“サムライ”と改めた。

グループはヨーロッパ大陸からいよいよイギリスはロンドンに進出、当時のロックシーンの様々なビッグネームのサポートアクトを務めながらレコード契約を獲得し、イギリスとドイツでリリースされたのがファーストアルバム「侍」。このアルバムに関してカーティスはあまりいい思い出がないようで、彼の自伝でも多くのことは語られていない。約3年にわたる海外転戦の後彼はメンバーを引き連れて帰国し、日本のレコード会社と契約を結んだが、ファーストアルバムの内容では売れないと判断されたのか(?)新たにアルバムを録音し、リリースされたのが本邦デビュー盤となった「河童」だった。

時系列的にごちゃごちゃしているが、まずは先に録音された「侍」の方から。CDに封入されている中高年にはとても読めない文字の縮刷版アルバムライナー(by中村とうよう)によれば、本作がヨーロッパでリリースされたときは二枚組のボリュームだったが、日本リリースにあたって曲数を減らし一枚に収めることになったのだとか(CDの時代になったのだからカットした部分も入れたらいいのに・・)。現地で出会った外国人ミュージシャンや、後に洋楽シーンで大活躍する日本人ベーシスト、山内テツの名前もクレジットに確認できる本盤は、当時イギリスで盛り上がっていたプログレ風の長尺曲と、アシッドフォーク調の曲が混在しており、かの地のロックシーンの雰囲気をうかがい知ることができる内容。一方「河童」も基本的な構成は変わらないが、わかりやすいハードロック調の曲や、日本語曲も収録されており、ある程度日本の市場を意識した印象。この時期に早くも沖縄音階と三線の音色を取り入れている「誰だった」のセンスは注目に値する。



Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Love - so nice (Solid/Ultra Vybe)



こちらはかなりの珍盤。1970年代後半、日大芸術学部の学生たちがシュガーベイブのコピーバンドとして活動をスタートさせたアマチュアグループ「so nice」は、やがてシュガーベイブ〜山下達郎の強い影響下にあるオリジナル曲を演奏するバンドに進化。1978年の「大学対抗フォークソングコンテスト」で優勝したこと及び学生生活の卒業を記念し79年に制作した自主制作盤「Love」のCDバージョンがこちら(初CD化は2011年)。こんな作品に出逢えるなんて、これぞ「1,000円CDの醍醐味」。

彼らのシュガーベイブへの心酔ぶりは相当なもので、一聴して“タツロー風”であることがわかる作品ばかりでなく、大貫妙子風の作品までしっかり収録されているのが凄い(笑)。演奏も“学生バンド”のレベルを軽く凌駕するもので、あまりのシュガー傾倒ぶりに「彼らのオリジナリティは?」なんて皮肉めいた言葉もうっかり出そうになるが、J-POPの知られざる秘宝としてその筋の好事家には大変重宝される内容だと思う。

なおこのCD化による再評価をきっかけに彼らは時折再結成し、近年もタツロー・トリビュート的なライブを開催している模様。「記録に残しておいて本当に良かったですね🎶」と、何かの機会があればお伝えしたい気持ち。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

プリーズ・プリーズ・ミー:ベスト・コレクション 1964-1966 - クールキャッツ (Solid/Ultra Vybe)



1964年に“和製ビートルズ”のキャッチフレーズでデビューしたボーカルグループ、クールキャッツ。この手のCDのリリースはできるだけ情報をキャッチして入手するようにしているのだが、数年前にリリースされた際には不覚にも見落としていたので、今回の1,000円CD化は嬉しい限り。日本語によるビートルズのカバーといえば随分前にCD化された東京ビートルズが衝撃的で「プリーズ・プリーズ・ミー」も彼らの破壊力には適わないが、クールキャッツにはそれを補って余りある魅力がある。

元々他のアーティストのバックコーラスを務めていたというだけあって彼らの歌は上手く、アメリカでいえばレターメンのような心地よさ。それでいてレパートリーはビートルズをはじめとしたブリティッシュビートやマニアックなアメリカンポップスで、非常にマニア心をくすぐられる。1966年にリリースしたシングル「孤独の世界」はバリー・マクガイアのカバーかと思えばさにあらず、なんとサイモンとガーファンクルの「Sound of Silence」というどんでん返しのようなオチまで待ち構えている・・。

その後彼らはGSブームの波に抗えずバンド編成となって再出発するが、結局グループの延命はかなわなかった。日本語のカバーポップス末期の仇花のような彼らの諸作は、洋楽ファンにこそ聴いてほしい。



Track List
posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロック, サーフィン, ホット・ロッド+2/レッツ・ゴー・モンキー - 内田裕也・尾藤イサオ (USM Japan)



内田裕也と尾藤イサオ。キャリア50年を超えて現在も芸能界で活躍を続ける2人が寺内タケシとブルージーンズ、ジャッキー吉川とブルーコメッツをバックに歌いまくるアルバム2作のカップリング。まず64年リリースの『ロック, サーフィン, ホット・ロッド』は曲目を見ると「これがサーフィン?ホットロッド??」と思ってしまうが聴いてみて納得、レパートリーはやや古いがバックのサウンドはしっかりサーフィン(しかも結構レベルが高い)という内容になっている。ビートルズの「Twist and Shout」ではユーヤさんのオリジナル「シェケナベイベ〜♪」も聴くことができる。

続く65年リリースの『レッツ・ゴー・モンキー』はダンスナンバーを集めた訳ではなく、当時のヒット曲を中心に選曲してみました、という内容。聴きどころは尾藤イサオの代表曲となったアニマルズの「悲しき願い」になると思うが、一方で内田裕也は相も変わらずのフィフティーズ中心。「Heart of Stone」もチャームズが50年代にヒットさせた曲のカバーなのかな?と油断して聴いてると、なんと吃驚これがローリングストーンズ!!日本のロックの歴史的瞬間を目撃してしまった気分。。

考えてみるとこの2人とブルージーンズ、ブルコメの組み合わせは66年のビートルズ来日公演で「Welcome Beatles」を披露した面々である。ということはある意味“日本代表(そういう意味ではドリフターズもだけど・・)”。そこはかとなく感じられるガレージ風味も相まって、この時期の“日本のロック”を代表する作品といっても過言ではない。



Track List
posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンガリア・ロック:コロムビア・イヤーズ コンプリート・コレクション - 麻生京子 (Solid/Ultra Vybe)



1960年代前半、日本語による洋楽カバー盤が盛んに制作されたいわゆる“ヒッパレ時代”に活躍した女性シンガー、麻生京子のベスト盤。不勉強にして彼女の存在を今まで知らなかったが、当時は弘田三枝子と並ぶ実力派ガールシンガーだったのだとか。彼女がコロムビアからリリースしたシングル音源を網羅した本盤の収録曲は当然ながら洋楽カバーばかりだが、何よりクラシックの作曲家、リストの作品をツイスト化した「ハンガリア・ロック(リストの母国がハンガリーのためこの邦題がつけられた模様)」のユニークさが耳を惹く。他にも彼女の元気一杯な歌声が楽しめるナンバーが目白押しだが、バックのバンドサウンドが、弘田三枝子をはじめとする東芝勢と比べてかなり弱いかなぁ、という印象。

なお彼女は60年代後半に「麻生レミ」と改名して内田裕也とフラワーズに加入、“和製ジャニス・ジョプリン”の異名をとることに(それだったら僕も知ってる!)。本盤にはフラワーズ脱退後の72年にソロ名義でリリースしたシングルAB面がボーナス収録されているが、全くの歌謡曲で“和製ジャニス”の面影はもうそこにはない。



Track List
posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

I Am Agnes Lum: アグネス ラムです (Solid/Ultra Vybe)
With Love: さよならは言わない - アグネス ラム (Solid/Ultra Vybe)



“1,000円CD”の波がいよいよJ-POPの世界まで波及してきている。この6月〜7月にはユニヴァーサルとインディのソリッドから相当数がリリースされたが、今年の後半はその他各社からJ-POPの1,000円CDがドドッとリリースされて、その波に飲み込まれてしまうのでは・・・と、今から不安で仕方がない(笑)。

その中でまず紹介するのがアグネス・ラム。ってこのブログ的にどうなの?という話はあるが(汗)。彼女はハワイ出身の中国系アメリカ人で“クラリオンガール”という言葉がまだない時期に(その言葉ももはや死語だが)クラリオンの広告に登場し“童顔巨乳”という言葉がまだない時期に(当時は“あどけない顔に豊満な肢体”みたいな表現だった記憶がある)メディアを席巻したグラビアアイドル。当時小学生だった僕でも強烈な印象が残っているので、青年期にあった日本男子には大変な存在だったことが容易に想像でき、実際その人気は現在も根強くあるようで、彼女の2018年版のカレンダー(もちろん写真は現在の彼女ではなく40年前のものだが・・)も販売されていることを今回調べて初めて知った。。。

数年前に外国人が歌う日本語ポップスばかりを集めた『昭和カタコト歌謡曲』というCDを入手し、衝撃を受けた一曲が彼女の「雨あがりのダウン タウン」。これは楽曲を提供した弾厚作こと加山雄三のセンスに負うところが大きいと思うが、彼女のたどたどしい日本語を如何にチャーミングに聴かせるかに腐心した様子が覗えるガールポップの傑作だった。これに興味をそそられて入手したのが今回の二作だが、一作目の「アグネス ラムです」には加山に加え加藤和彦と安井かずみも主要ソングライターとして参加、それぞれが“南国から来た少女”をテーマに楽曲を提供しているが、加山のイメージする“トロピカル”が映画「南太平洋」や「パイナップル・プリンセス」のアネットあたりがベースとなっている印象である一方、加藤安井組は当時イギリスで人気があったバンド「FOX」あたりのサウンドをヒントに作ったのでは?という“世代格差”が面白い。

二作目の「With Love」は厚作先生が退場し、加藤夫妻他の日本制作陣と、洋楽カバーが半々という内容になっている。洋楽カバーはマイナーな楽曲が多くその選曲意図を訊いてみたい気がするが、より面白いのは日本人作曲家の作品の方。J-POP系はうっかり音源をYoutubeにアップロードすると関係のない音源も含めアカウントごと削除するような乱暴なことをされるので動画は貼れないが、吉野藤丸作のディスコ歌謡「やさしい旋風」や、この年(78年)の後半にデビューする竹内まりあの世界を先取りしたような「ムーンライト ビーチ」あたりが聴きもの。



Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チヨ・筒美京平を唄う - 奥村チヨ (Solid/Ultra Vybe)



1965年にデビューし、現在もキュートな魅力を保ち続ける奥村チヨがヒットチャートで活躍したのは1960年代後半〜70年代前半にかけて。「恋の奴隷」や「恋狂い」などの鈴木邦彦作品や、後に結婚する浜圭介提供曲の印象が強いが、ヒット曲の数でいえば筒美京平作品が最も多い。

彼女のシングル盤は当時東芝レコードからリリースされていたが、こちらはカセットテープ専門で独自にアルバムを制作していたレコード会社(カセット会社?)「アポロン」のために録音された作品の中から、筒美京平作品ばかりをセレクトしたコンピレーション。彼女自身のヒット曲としては「あなたに逢いたい」と「涙いろの恋」の2曲(但し別バージョン)が収録されているが、他はすべて他のアーティストのヒットのカバーで、しかも当時いずれもレコード盤にはなっていないという貴重なもの。奥村チヨファン、そして日本のガールポップファンであればコレクションに加えておくべき一枚。



Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛しあう2人のために:愛のレッスン - 加賀まりこ/ワーナー・グランド・オーケストラ (Solid/Ultra Vybe)



戦後わが国芸能界の【カワイイ番付】を作成するとしたら、おそらくかなり上位にランクインするであろう一人が加賀まりこ。彼女が1971年にリリースしたアルバム『愛のレッスン』は歌ものではなく、ワーナー・グランド・オーケストラによる洋楽カバーインストをバックに、愛の物語(構成・詞は安井かずみ)を語るという企画もの。BGMの選曲センスが非常によく、フレンチポップ〜ソフトロック的な文脈で楽しむことができる。

タイトルからすると『円楽のプレイボーイ講座』をはじめとする“指南もの”の一枚のように思われるが、パリの公園で長身の美青年と出逢い、やがて恋に落ち、その後ちょっとしたことで喧嘩別れするけど結局ハッピーエンドで終わる・・という少女漫画的なストーリーを情熱的に語るさまは、近年の言葉でいえば“妄想女子”の元祖的作品といってもいいのかもしれない。こじらせ系音楽ファン(笑)は一聴をお勧め。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

Reach The Top!: Rare Gems from The Tony Macaulay Songbook 1965-1974 (Teensville)



オールディーズのコンピレーション、内容面でいえばおそらく現在ナンバー1レーベルであるオーストラリアの「ティーンズビル」からの新作は、イギリスの人気ソングライター、トニー・マコウレイ作品集。日本でもソフトロックファンの間で評価が高く、イギリスにおいては枚挙にいとまがない膨大な数のヒット曲を持つ“大作曲家”であるが、意外にも彼の作品を特集したコンピレーションはこれまであまりなく、調べてみたら2001年にイギリスでリリースされたCD(持ってる・・)以来らしい。

今回の作品集はレアな録音に焦点が当てられており、知名度の高い作品もヒットバージョン以外のものを収録。その他初めて聴く楽曲も多く、ポップな作風もこの曲数だけ続くと若干食傷気味になるが(笑)ソフトロック好きには嬉しいプレゼントである。



Track List
posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Together/Farewell Album (Expanded Edition) - The New Seekers (7T's)



1970年代初頭よりヒット曲を連発していたニュー・シーカーズは、73年に入ってリリースしたザ・フーのカバー「Pinball Wizard/See Me, Feel Me」メドレーをもってそれまで続いていたUKTOP20ヒット記録が一旦ストップ。メンバーの加入脱退も相次ぎ、遂にはグループの解散を宣言。このニュースは再び彼らが注目されるきっかけとなり、リリースしたトニー・マコウレイ作のシングル「You Won't Find Another Fool Like Me」は彼らにとって久々の全英ナンバー1ヒットを記録、続いて同じくマコウレイ作の「I Get A Little Sentimental Over You」も全英5位を記録と、人気が再燃する中リリースされたアルバム(本作)がなんとも皮肉なタイトルの『Together』。こちらも好セールスを記録し、前述のマコウレイ作品の他彼らが得意とするメドレー曲などを聴くことができる。

続いて大盛況のうち終了したフェアウェル・ツアーの3ヶ月後にリリースされたのが、その名も『Farewell Album』。引き続きマコウレイ作品がアルバムの約半数を占めその筋のポップスファンには楽しめる内容になっているが、もはやアーティスト主体が存在しない同作がプロモートされることはなく、売上も低調に終わった。CDのボーナスにはアルバム未収録のシングルやグループメンバー名義の録音も収録、人気グループの終焉期の活動が記録されている。なお彼らはこの2年後の76年には再結集してアルバム『Together Again』をリリース(笑)。再び活動を続けている。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Musical Adventures of The Clevedonaires, Cleves & Bitch (Frenzy Music)



こちらはニュージーランド出身のグループ。1960年代初頭に学生バンドとして結成されたクリーヴドネアズは1967年にサイケ/ガレージバンドとしてレコードデビュー。その数年後に活動拠点をオーストラリアに移すと名前を“クリーヴス”に改め、今度はプログレ調のアルバムをリリース。さらに70年代に入ると今度はヨーロッパに渡り、ハードロックバンド“ビッチ”として活動(笑)。

このCDは約10年間にわたる彼らの生生流転を記録している。とはいえいずれの時期もそれなりの内容の作品を残しているところがエラく、中でもクリーヴドネアズのデビューシングル「He's Ready」はどこに出しても恥ずかしくないガール・ガレージクラシックだし、70年代の“ビッチ”もブリティッシュ系のハードロックで意外と悪くない。ニュージーランドシーン、ますます気になる。。。


Track List
posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

Too Slow to Disco Brasil compiled by Ed Motta (How Do You Are? Recordings)



ここ2〜3年で再発CDマーケットの世界的なトレンドとなりつつある“AORディスコ”シーンをけん引する「Too Slow to Disco」シリーズ最新盤のテーマは“ブラジル”。元々AORやディスコミュージックとブラジル音楽の親和性は非常に高い、というかAORの構成要素の何割かはブラジル音楽からの頂きものだろっ!といっても過言ではないので、この分野を掘り始めたらいい音楽が無尽蔵に出てきそうで怖い・・。このCD1枚聴いただけでは“AOR=ブラジリアン=ディスコ”の定義ははっきりとわからないが、今後派生的に出るであろうCDや、本CDに触発されて出てくるコンピレーション(この分野は日本人の方が詳しいかも・・)の登場を待ちながら、勉強に備えたい。


Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Hong Kong Disco (Wang Chai)



こちらは1970年代の香港で録音されたディスコミュージック集。洋楽のカバーを中心に選曲されているが、基本的に英語圏なのでそれほど違和感なく聴くことができる。逆にいえばローカルディスコものに期待しがちな“エグ味”に欠ける印象も強く、これは選曲次第でなんとでもなるので、今後シリーズ化してより濃〜い続編が登場することを期待したい。



Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする