2018年05月31日

Stargard (Geffen/USM Japan)



一時期1970年代のR&Bナンバー1ヒットを一生懸命集めたことがあり、随分CDを買い込んだ。その中で意外と入手に苦労したものの一つがスターガード1977年のヒット「Theme from "Which Way Is Up"(銀河からの訪問者)」で、ディスコもののコンピレーションの中に見つけた記憶がある。

今回アルバムを入手し、彼女たちが3人組であることや「Theme from 〜」が映画の主題歌であったことなどを初めて知った・・・。その衣装の派手さに反して、スペース・ファンク調のサウンドは意外と地味。本CDには彼女たちが放ったあと一曲のR&BTOP10ヒット「What You Waitin' For(恋するソウル・レディ)」もボーナス収録されているので、スターガードについては取り合えずこれを持っていれば大丈夫かな、という内容になっている。



Track List
posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

For Those Who Love - Perry & Sanlin (Capitol/USM Japan)



1970年代に活躍したイースト・セントルイスのR&Bボーカルグループ、モントクレアーズのメンバーだったフィル・ペリーとケヴィン・サンリンのデュオによるアルバム(80年作)。プロデュースはナタリー・コールの諸作で知られるチャールズ・ジャクソンで、ウエスト・コースト流のメロウなソウルを楽しむことができる。本作で印象的なファルセット・ボイスを聴かせているペリーはその後91年に「Call Me」のR&Bナンバー1ヒットを放って再ブレイク、以降90年代を通じてコンスタントにR&Bチャートに登場している。



Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Love Magic - L.T.D. (A&M/USM Japan)



先日L.T.D.がジェフリー・オズボーン在籍時にリリースしたアルバム4枚を2枚のCDに収めたコンピレーションを入手し、このブログにも掲載したが、今度は彼の脱退後に発表した81年作が1,000円ディスコシリーズで登場した。オズボーン在籍後期はバラード系のヒットばかりが目立つ印象だったが、久々に放ったダンスヒット「Kickin' Back」は、当時日本のディスコでも大変な人気を呼んだというキャッチーなナンバー。続くヒット「April Love」はバラードで、新しいボーカルのアンドレ・レイとオズボーンの実力の差がはっきり出ちゃってるかなぁ、という印象。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする