2018年05月13日

The Very Best of Andy Gibb (Capitol/UMe)



アンディ・ギブが30歳の若さで亡くなって、今年で30年になるのだとか。それを記念してということか、もしくはビー・ジーズのカタログがユニヴァーサルに移った手始めということなのか、久々に彼のベスト盤がリリースされた(後で聞いた話によると、アンディの音源の権利は娘のパタが相続しており、こちらは彼女が権利を持っている音源の中からの選曲だそう)。『サタデイ・ナイト・フィーバー』ブームに沸く1977年に、ギブ3兄弟の全面的なサポートを得て全米チャートのトップに立った「I Just Want to Be Your Everything」から、彼がヒットチャートで活躍したのは5年足らず。90年代初頭にリリースされた彼のベストCDも持っている者としてはもっと新たな発見のあるコンピレーションの登場を期待したいところだが、とりあえずは聴きたくてもCDが見つからなかった状況の解消を歓迎すべきか。


Track List

posted by yakame at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Aura (Aloha Got Soul)



一昨年にリリースされたハワイ産のレアグルーヴ集『Aloha Got Soul』でフィーチャーされていたハワイのAOR/ファンク・バンド、オーラの1979年作。女性ボーカルの線の細さが少々気になるがバンドの演奏力は高く、ホーン・セクションをメインとしたサウンドは“ハワイのタワー・オブ・パワー”といった趣き。



Track List

posted by yakame at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A Touch of David Foster (Atlantic/Warner Music Japan)



随分前のコンピレーションだが、最近廉価の国内再発盤を入手したので。90年代初頭にリリースされたこのデヴィッド・フォスター作品集の一番の魅力は、彼名義で発表されビルボードのHOT100にランクインした3曲がちゃんと収録されている点だろう。その他彼が他のアーティストに提供した大ヒットも多数選曲されており、当時この手の音楽を敬遠しがちだった(好みではなかった・・)僕の耳にもしっかりと焼きついている“80年代の空気”のようなサウンドが真空パックされている。


Track List

posted by yakame at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする